« ブログ内小説「宝生家の宝食なる日々」をlivedoor ブログに移植 | トップページ | 箕面滝道、三景 »

ジュエリーのサードウェーブか。ジュエリーデザイナー山崎藍子、蒔絵宝飾への挑戦、そしてこれから。




2016年11月6日、大阪リーガロイヤルホテルサロンドールにて「Brilliant 山崎藍子宝飾作品展」を開催し、それを成功裡に締めくくった、大阪を拠点に活躍している新進気鋭のジュエリーデザイナー、山崎藍子さん。当日のスペシャルランチタイムのドレスコードをピンクと決め、自ら淡いピンクのワンピースを着用して、会場入り口にて、朝早くからご来場のお客様を笑顔でお出迎えしていた。

山崎藍子さんは、幼年期ロシア国立ワガノワ・バレエ学院に留学。そのころのオマージュが作品の原点。しなやかでありながら力強いバレエのエレガントな輝きを巧みに取り入れた山崎藍子さんならではのジュエリーコレクション「エトワール」「ポアント」「コールト」「アントルシャ」をまず発表。

1987-88年、ロシア国立ワガノワバレエ工学院に短期留学

2007年、イタリア、イギリスより招待を受け、現地のジュエリーショーや制作現場、文化施設を視察。

2009年9月、京都清水寺成就院にて個展、香港ジュエリー&ジェムフェアーに作品を出展。

翌2010年3月、BASEL WORLD、6月オランダ美術館、9月香港ジュエリー&ジェムフェアーにジュエリーコレクションを出展、と活躍の場を海外に広げていった。





2011年秋発行の世界で最も歴史ある英国宝石学協会の季刊誌である「Gems&Jewellery」にて香港ジュエリー&ジェムフェアーに出展した山崎藍子さんコレクションの蒔絵を施した真珠の取材記事が次のように掲載された。
「9月の香港ジュエリーショーは、巨大で多数のジュエリー出展社、そして鑑別機材などの関連企業の出展があるなか注目を浴びるのは困難な状況。そんな中、日本の伝統技法(蒔絵)によって装飾された真珠が目を引いた」

2015年11月、高野山三宝院にて個展を開催。














さて、今回のイベントで注目のコレクションが、蒔絵宝飾の新シリーズ。
平安期から伝わる蒔絵技法。蒔絵の素地である漆には悪いものを寄せ付けない強い力があると信じられている 。うるしを分泌するウルシノキが傷つくと漆の原料となる樹液を分泌し何ものも寄せ付けない。乾燥後はどんな酸にも溶けない強固なものになる。

日本の伝統工芸を未来に紡ぎたい。そんな強い思いで蒔絵に魅せられた山崎藍子さんが加賀の伝統工芸・蒔絵師松山武司氏と組み、作り上げた蒔絵宝飾シリーズのひとつが真珠に蒔絵を施した作品。




さらなる挑戦として、今年、2017年には、木の素材に蒔絵を施した作品が加わることになる。

バレエへのオマージュからスタートした山崎藍子さんのジュエリーへの世界観。ヨーロッパの宝飾工芸視察から帰国して、日本の伝統工芸に触れたことで、日本独自の美への憧憬が芽生え、次の作品へのイメージと創作意欲が沸き立っていると思うのは、彼女のファンや私ばかりではあるまい。

さて、コーヒー業界では、産地と品質にこだわり、コーヒーの挽きたて、淹れたてをお客様に提供するスペシャリティコーヒーがサードウェーブとして注目され、またビール業界では、クラフトビールを扱うお店が同じくサードウェーブとして今人気だ。

ジュエリー業界においては、日本の伝統技法を宝飾品に融合させることにより新たなジュエリージャンルを作り出していくムーブメントは、まさにジュエリーのサードウェーブと言えまいか。

写真家として、主に海外で絶大なる評価をうけ、故郷鳥取県大山のふもとに「植田正治写真美術館」を持つ、故植田正治氏は、フランスでそのスタイリッシュでしかも温かみのある独特な作風が「Ueda-cho(植田調)」として認められる存在になった。

ジュエリーにバレエのしなやかさと強さを吹き込み、日本の伝統技法を宝飾に融合させようとしている山崎藍子さんには、その作風が「Aiko-cho(藍子調)と評価されるような存在に是非なってもらいたい。

|

« ブログ内小説「宝生家の宝食なる日々」をlivedoor ブログに移植 | トップページ | 箕面滝道、三景 »

ジュエリーショップ・ジュエリーデザイナー・工房取材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ内小説「宝生家の宝食なる日々」をlivedoor ブログに移植 | トップページ | 箕面滝道、三景 »