« シリーズ 巡季展景 : 早春巡り | トップページ | シリーズ 夜陰陽転 : 「永遠の輝き」モニュメントと光の道 »

シリーズ 情景写一句 : こころ花




写真撮影及び写短説 : 辻 直之

新緑の季節の始まり。豊島公園のツツジが咲き始めている。朝の散歩でこころにとまる花は、その日の気分によって変わる。こころ模様は花模様。

新俳句及び短文 : 矢野 文久

「癒される 人それぞれの 心花」

人にはそれぞれ、好き嫌いの花がある。その理由を聞かれても、はっきり答えられない。大きさ・型・色・香り等、好みの要因は様々。昔、好きだった花が嫌いになる場合もある、この事は、人間関係にも当てはまる。人間は、身勝手な生き物なのだ。それでもこの瞬間、世界のどこかで、多くの花ばなが誰かの心を癒している。

|

« シリーズ 巡季展景 : 早春巡り | トップページ | シリーズ 夜陰陽転 : 「永遠の輝き」モニュメントと光の道 »

情景写一句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シリーズ 巡季展景 : 早春巡り | トップページ | シリーズ 夜陰陽転 : 「永遠の輝き」モニュメントと光の道 »