« 服部緑地の梅林開花 | トップページ | 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-35)仁と透とダイヤモンド »

シリーズ 情景写一句 : 桜の蕾に飛行機が




写真撮影及び写短説 : 辻 直之
撮影日: 2016年3月28日

早春と言えど吹き抜けの広場でうける風はまだ冷たい。ソメイヨシノの開花宣言から数日経つ。豊中市豊島地区にある「ふれあい広場」の桜は蕾のまま。その蕾を見上げていると飛行機が通り過ぎてゆく。

新俳句及び短文 : 矢野文久

「 天見上げ つぼみ桜に 冬惜しむ」

そろそろ桜の花が咲く春。春が過ぎれば、暑い夏が訪れる。そう思うと、慣れ親しんだ冬を惜しむ心が湧いてくる。

|

« 服部緑地の梅林開花 | トップページ | 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-35)仁と透とダイヤモンド »

情景写一句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 服部緑地の梅林開花 | トップページ | 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-35)仁と透とダイヤモンド »