« 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-30)仁と透とダイヤモンド | トップページ | 大阪風ミックスジュースにアイスコーヒー »

シリーズ「情景写一句」: 豊島公園の朝焼け





写真撮影及び写短説: 辻 直之
6月になり日の出の時間が早くなり、朝焼けを望むために早起きをする。晴れた朝、4時半に豊島公園に向かう。体はまだ起きていないが、心は弾む。


新俳句及び短文: 矢野 文久

「朝焼けに 心ときめく まだ青春」 
朝焼けに感動できる自分を客観的に見れば、心年齢は若い。実年齢がどうあれ、心の若さは失いたくない。

|

« 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-30)仁と透とダイヤモンド | トップページ | 大阪風ミックスジュースにアイスコーヒー »

情景写一句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-30)仁と透とダイヤモンド | トップページ | 大阪風ミックスジュースにアイスコーヒー »