« テニス練習日 | トップページ | シリーズ「情景写一句」: 母とケヤキの大木 »

シリーズ「情景写一句」: 2015年元旦初詣に想う

写真撮影及び写短説: 辻 直之
晴天に恵まれた元旦の朝
一駅離れた天神さんにむかう足どりは軽く

還暦を迎える今年は特別な想い
柏手を打つ乾いた音が響く

天神さんに今年の目標を伝える
それが毎年恒例の初詣の儀式

新俳句及び短文: 矢野 文久
「初春に 晴天眺め 幸をかむ」 

初詣の朝、晴天に恵まれ、清々しい気持ちを堪能。健康が守られ、生かされている幸せを噛みしめる一瞬。





|

« テニス練習日 | トップページ | シリーズ「情景写一句」: 母とケヤキの大木 »

情景写一句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テニス練習日 | トップページ | シリーズ「情景写一句」: 母とケヤキの大木 »