« 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-20)仁と透とダイヤモンド | トップページ | プラズマ乳酸菌とかりんパワー »

宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-21)仁と透とダイヤモンド








「マスター、今日は相棒を連れてきたで」仁は、軽やかに自転車から降りてまだ若いマスターに声をかけた。

「いらっしゃいませ。お連れさんは宝生さんのお友達ですか?」マスターはにこやかに返した。

「ああ、幼なじみで腐れ縁のジュエリー工房ショップオーナーの浅見透や」

仁は、相棒の紹介をしながら、もうカウンターの指定席にどっかと腰を下ろしている。

「今日は、オレは新発売の抹茶カプチーノ、透にはホンジュラスのスペシャリティコーヒーにナナハコのクッキーな」仁は、透の分もすでに勝手に注文してしまっている。

「えーと、浅見さんはそれでよろしいでしょうか」

「ああ、ジンが勧めているなら間違いないやろ」透は苦笑いしている。

続く。

|

« 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-20)仁と透とダイヤモンド | トップページ | プラズマ乳酸菌とかりんパワー »

宝生家の「宝食」なる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-20)仁と透とダイヤモンド | トップページ | プラズマ乳酸菌とかりんパワー »