« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-18)仁と透とダイヤモンド




早食いで定評の仁は、フルーツケーキとチョコレートプリンを誰よりも早く平らげ、自分のためにコーヒーをまた淹れ始めている。

「そうや、ジン、豊中吹田Walkerは見たか」

「なんや、それ。関西Walkerやったら知ってるけど」
仁は、ミーティングルーム兼キッチンでみんなに背を向けてコーヒーを淹れていて、振り向きもせず答えた。コーヒーを淹れることに集中しているので、受け答えがつっけんどうだ。

「パパっ、ほらこれこれ」娘のヒカルはバックからムック本を取り出した。

仁は、コーヒーカップを大事そうに持ちながら、席に戻った。そのムック本を手に取り、表紙のココリコの写真をしばらく眺めていた仁は、
「え〜!ココリコって、豊島小学校、豊中四中出身なん」

「そうそう」透とヒカルは、もう読んだらしくふたり口を揃えて相づちを打った。
「しかも、小学校で野球チームにいたらしい」透が話題を広げた。

「ホンマか!」
仁は急にムック本に興味を示した。

ヒカルは、雑誌の巻頭インタビュー記事を開いて仁に見せた。

斜め読みした仁は、驚いて目を丸くしている。

「パパのモロ後輩でしょ」ヒカルは笑っている。

「知らんかった」

「パパが自慢げに話していた第一回豊能地区軟式野球大会で3位になったことにつながるね。野球つながり」

「ジンは子供の頃、野球うまかったもんなぁ」
透がふたりの話しに割り込んできた。

「我々が子供のころ、野球ぐらいしかみんなでやるスポーツなかったもんな」

「それとドッチボール」透が付け加えた。

「グローブはみんなで使い回しやったし、木製バットは貴重品やった」と仁。

「軟式ボールが高かったから、軟式テニスボールつこてた。バットの当たりどころが悪いとボールが円盤状になり、わけわからんとこに飛んでった」仁は野球のことになると饒舌になる。

続く。

| | コメント (0)

豊中市豊島公園「永遠の輝き」モニュメント三景










| | コメント (0)

「母校通信 125周年記念号」関西学院同窓会




関西学院同窓会から「母校通信」が送られてきました。134号は、125周年記念号になっています。

巻頭対談は、「新学長に聞く」。関西学院大学学長村田治氏に関西学院大学同窓会会長、阪急電鉄株式会社相談役大橋太朗氏と関西学院大学法学部卒業生で弁護士小島幸保氏ふたりがインタビューしています。

目指すべき人間像「Mastery for Service を体現する世界市民」について大学側の中長期にわたる計画と同窓生のサポート活動が紹介されていました。

スクールモットー「Mastery for Service 奉仕のための練達」は、個人的にも日々の行動指針にしています。

ますますボーダレスになる世界。日本だけにとどまらず世界に向かってチャレンジする人材が本当に必要になっています。まさに「世界市民」になる自覚が若者たちに必要になるでしょう。

地元大阪に戻った今、私自身は「一灯照隅」の実践をこれからのメインテーマにしています。

30代に積極的に海外に行くようにしました。当時は無駄金と一部で揶揄されましが、今となってはとてもプラスになっています。

感性豊かな若いころにこそ海外で生活したり仕事にチャレンジしてもらいたいものです。

| | コメント (0)

宝生家の宝食なる日々〜第3話 (3-17)仁と透とダイヤモンド







合成ダイヤモンドとデビアスについて、長々と説明してきた。ダイヤモンドビジネスの過去現在未来を語るうえでどうしても避けて通れないことなのだ。

「カフェーパウリスタで取り寄せた、夏の贅沢フルーツケーキとチョコレートプリンを持ってきたので、コーヒーとともにみんなで食べてくれ」

仁は、慣れた手つきでフルーツケーキをジェムクラフトのメンバーに均等に切り分けた。ブロック状になっているプルンプルンのチョコレートプリンはちょっぴり苦労しながらお皿に取り分けた。

合成ダイヤモンドがメレーのロットに混入という話題に端を発して、仁と透は今後のダイヤモンドジュエリーについてお互いの考えを語り始めている。

続く。

| | コメント (0)

服部ビオパーク










早朝5時に自宅をスタート。豊島公園を抜け服部ビオパークを折り返し地点にし自宅まで往復する散歩コース。散歩とともに豊島公園一部と服部ビオパークまでつながる遊歩道の清掃ボランティア活動をほぼ日課にしています。

9月下旬になり、スタート時は肌寒く、辺りはまだ真っ暗。片道30分にある服部ビオパークに到着するとちょうど日の出を迎えます。

朝焼けの空は、そのときの空模様によって日々変わっています。その空を静かに眺めながら気功をするととても清々しい気分になり、いいスタートが切れます。

| | コメント (0)

夜明けの豊島公園三景









| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »