« 宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-8) | トップページ | 銀座カフェーパウリスタ「夏の贅沢フルーツケーキ」 »

ジュエリーコーディネーター 2013 61号

1374042226350.jpg
一般社団法人日本ジュエリー協会認定 ジュエリーコーディネーター機関誌「ジュエリーコーディネーター 2013 61号」を拝見しました。

連載「近世日本の宝飾文化史 8」は、江戸時代末期(幕末)の事例と解説。様々な櫛や笄が写真で紹介されています。銀製の簪には、サンゴやめのうが装飾してあるものもあり、蒔絵櫛など工芸品として美しいものがあったようです。

小間物屋は、江戸時代に始まった商売で、髪飾りや化粧品など女性のおしゃれ用品を扱っていました。小間物屋は、時代劇で登場しますが、江戸時代からスタートしたことを知りました。

日本の宝飾文化を系統的に勉強できる貴重な連載ですので、ジュエリーコーディネーターの皆さんは、是非目を通しておいてはいかがでしょう。

|

« 宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-8) | トップページ | 銀座カフェーパウリスタ「夏の贅沢フルーツケーキ」 »

ジュエリー業界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-8) | トップページ | 銀座カフェーパウリスタ「夏の贅沢フルーツケーキ」 »