« 宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-2)〜 | トップページ | 伊丹スカイパーク 2013 三景 »

宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-3)〜

では、ここで簡単に「メレ」について解説。

メレとは、melee[melei] confused struggle,confused crowed of peaple (開拓社 現代英英辞典より)

日本語に直すと、大渋滞、大混雑。

ジュエリー業界では、「メレー」と伸ばして発音するのが一般。ここでは、「ジュエリー用語事典」(社団法人日本ジュエリー協会 発行)表記に準ずる。

大きさは、広義では、0.3ct未満。業者間では、0.10ct未満のダイヤモンドをメレ・ダイヤモンドと言っている。理由は、0.10ctサイズを「テンパー」といって区別しているためか?
ここでは、さらりと解説するにとどめる。

ちなみに、「ジュエリー用語事典」では、「通常0.1ct以下の小粒ダイヤモンド。ルビーやエメラルドなどにも、メレ・ルビーやメレ・エメラルドのように用いられる。0.1ct以上0.25ct以下の場合にも用いることがある」とある。

|

« 宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-2)〜 | トップページ | 伊丹スカイパーク 2013 三景 »

宝生家の「宝食」なる日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-2)〜 | トップページ | 伊丹スカイパーク 2013 三景 »