« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

中央幹線水路

1367274987401.jpg
私が勝手に命名していた「豊島遊歩道」は、実は正式には、「中央幹線水路」あるいは「中央幹線景観水路」というみたいだ。

先日、豊島公園の入口のひとつの橋で発見した案内板。

豊島公園端から豊島体育館、豊島ブールを通り、内環状を突っ切り、敷島パン工場そばに達する水路脇の遊歩道。

正式名称は、あまりにも色気?がないので、ここはやはり「豊島遊歩道」と呼ぶことにします。

| | コメント (0)

「広報とよなか」平成25年5月号

1367179589742.jpg
「広報とよなか」5月号が届きました。

終の住処をここ豊中に決めてから、真剣に豊中市の広報誌に目を通すようになりました。30歳の時に立てた「人生企画」では、最後は、神戸の先「垂水」に移り住み、そこで最後を迎える、となっていましたが。

計画変更です。3歳から東京に出る25歳までいた、ここ豊中。最後まで住む魅力があり、また、ここにきて課題も見つかりました。

ジュエリー業界において、企画、計画していたことは東京でやり切りましたので、後悔も未練もありません。後は、ここ大阪で業界のために微力ながらお手伝いできることをやるだけです。

大阪に戻ってやることは、地元に対する地域貢献です。いってみれば、「一灯照隅」であり、母校関西学院大学のスクールモットー「Mastery for Service(奉仕のための練達)」の実践です。

現在の優先順位の筆頭は、ここです。

最後は、「いいジジイ」で亡くなりたいものです。

| | コメント (0)

2013 スプリングフェスタ

1367070912547.jpg
「2013 スプリングフェスタ」が豊島公園内「花とみどりの相談所」で、4月27日に開催。10時開始前に、会場はすでに長蛇の列。

会場では、押し花のしおり体験、ポプリ作り体験など参加型のイベントが目白押しで、母娘で和気あいあい作業していて微笑ましい姿でした。

会場の最後に、花苗、苗木、用土無料プレゼントがあり、私もしっかり?もらってきました。

明日から、せっせと花の水やりやらないとね。

| | コメント (0)

変身?!

1366764029715.jpg
早朝散歩とともに再開した「ひとりポイ捨てタバコ撲滅運動」。タイトルを新たに?「ひとり街の美化推進運動」に変え、朝から雨の日を除いて日々頑張って活動しています。「ゴミンガーX」に変身?して。

やってみて感じることは、ポイ捨てタバコがいかに多いか。毎朝、びっくりします。缶コーヒーの飲みすてや飴の小袋も散見します。

これらは、ひとえに「大人のモラル低下」の象徴でしょう。多分、こういう不届きものは、特定の一部の大人たちの仕業。

子どもたちのお手本なんかになれるわけがない。

タバコのパッケージも落ちているのですが、その銘柄は、「ハイライト」「エコー」「ホープ」など。いいお年の方なんでしょう。

こういうひとに「今の若者は」どうだとか講釈をたれられたくありませんね。

スーパーでお買い物をするおばさんの中には、首を傾げたくなる行動をとるひとがいます。

今の世の中、歪みがあるとすれば、それは我々「大人のせい」なんでしょうね。

| | コメント (0)

サイクリングスタイル

1366672224953.jpg

サイクリングには、このスタイル。帽子にサングラス。サングラスは、紫外線99%カットのもの。なんせ、昨年、加齢黄斑変性を発症したもんで、紫外線はこの目の病気には大敵らしい。

帽子には、最近買った、トンボのピンスタッド。トンボは、日本で、勝虫(かちむし)と言われ縁起モノだったそうです。

| | コメント (0)

猪名川サイクルロード

1366568432675.jpg

昨日、自宅で昼(ご飯)をすませ、猪名川サイクルロードへ。4月にしては冷たい風が吹くなか、クリーンランドから猪名川サイクルロードに入り、イオンモール伊丹へ。あいにく、行きはもろ逆風を受けるかたちに。ペダルが重い。

風が雲を飛ばしている。青空がところどころに現れる。

ときおり飛行機のジェット音が聞こえ、飛行機が伊丹の滑走路に向かう。

それにしても、ペダルが重い。自転車は、オフロード使用だが、変速は3段だ。兄からのおさがりなので文句は言えない。

豊中から伊丹方向は緩やか坂道だ。

身を縮めてペダルを踏む。

えんやこらこんや、えんやこらこんや。

| | コメント (0)

猪名川 万葉集石碑

1366508353273.jpg

かくのみに ありけるものを

猪名川の おくを深めて

わか思へりける

読み人しらず

| | コメント (0)

今日の豊島公園

1366497634531.jpg
雨が上がりました。

| | コメント (0)

宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイアモンド(2-6)

1366416669847.jpg

豊中市南桜塚にある「あけぼの学園」


浅見透が経営する「ジェムクラフト」は、豊中市南桜塚にある。阪急曽根駅から服部緑地公園へのびるバス通り「曽根服部緑地線」を曽根駅から暫く歩くと、国道176号にあたる。この国道は、豊中市を南から北に縦断するもので、地元では略して「イナロク」とよんでいる。

その「イナロク」を越えてすぐ左側が「南桜塚」だ。ジェムクラフトは、南桜塚2丁目にある。あたりは、閑静な住宅街だ。

近くに「あけぼの学園」があり、近くを通ると園児の元気な声が漏れ聞こえてくる。国道176号沿いにあるパン食べ放題「サンマルク」や「ロイヤルホスト」があり、浅見のジェムクラフトから近く、浅見はよく利用している。

ジェムクラフトは、いわゆる「ジュエリー工房サロン」である。浅見は、15年前、自宅を改装して、1階を工房兼事務所それにサロン、2階を住居にした。

庭を半分潰し、駐輪場と車が3台置ける駐車場にした。浅見は、住居を改装するにあたり、自家用車を売り払った。自分の自動車を駐車場に置くと、お客様が置ける駐車スペースが減る。それは避けたい。かと言って、近くに自分用の駐車場を借りるとなると経費の無駄遣いとなる。

浅見は、決断し、愛車の「ホンダアコードワゴン」を中古車ディーラーに売った。もしドライブしたかったらレンタカーを借りればよい。浅見は、お客様第一主義を貫く決心をした。

ジェムクラフトは、外からみると、ちょっとシャレた一軒家にしか見えない。

続く。

| | コメント (0)

ゴミンスクワット

1366330492999.jpg
豊島公園とそこから伸びる遊歩道。公園近くに引っ越して、約3年4ヶ月。この地で、「ひとりポイ捨てゴミ撲滅運動」再開して1週間が経過。

ポイ捨てタバコ、空き缶、飴の小袋などなど、トングを使わず、手でピックアップしてます。その時、自然にしゃがみ込み、立ち上がります。その動作を素早くすると、スクワットの動作に近くなります。

その動作を毎朝何回やっているか。最低50回はやっているでしょうね。

名付けて「ゴミンスクワット」。三日目には、太ももが筋肉痛に。おもろなくて「ゴミン」ネ!

| | コメント (0)

曽根わんぱくこども会

1366235614502.jpg

子どもたちも頑張っているようです。一度、活動の様子を見たいものです。

| | コメント (0)

大塚古墳 豊中市南桜塚

1366165113298.jpg


1366165120048.jpg

大塚古墳にて。

この古墳は、桜塚古墳群中、東部を代表するもので、5世紀前半に作られています。形は円墳で周囲に濠をめぐらし、直径56m、高さ約8m(現在)、濠幅12〜13mで濠を含めると直径約80mの円墳になります。

大塚古墳跡大塚公園内石碑説明文より抜粋。

豊中市桜塚地区は、古墳群があり、豊中市が管理しています。そのほとんどが公園になり、市民の憩いの場になっています。

| | コメント (0)

自然の恵み〜小さな発電所

1366152567655.jpg
小さな発電所。服部にある「ふれあい緑地」に設置された、太陽光発電と風力発電。

あいにくの曇り空に加え無風。ちなみに、電力は、20w。携帯電話1台の電力消費分がまかなえると表示されています。

| | コメント (0)

宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-5)

1366096969755.jpg

豊中市曽根南町1丁目 「パン工場honohono」菓子パン

「おはようさん!」
佐々木真が元気に事務所に入ってきた。佐々木は、社長の浅見の愛弟子だ。自宅から事務所兼サロンのジェムクラフトまで自転車で通っている。日焼けした顔に白い 歯が印象的な好青年だ。

「佐々木さん、おはようございます」ヒカルも明るく返した。

ヒカルは、やり始めたインドメレのアソートをひとまず置いた。
「社長、佐々木さんも来たことだし、朝のコーヒータイムにしません?近くのhonohonoさんで、美味しいパン買ってきてますから」

「そうか、そらええね」社長の浅見はうれしそうだ。

「社長の好きなブラウニー買ってありますよ」

「パン工場 honohono」は、阪急曽根駅から歩いて約5分、豊島公園から歩いて1分ほどにある小さなベーカリーショップ。地元で評判の個性的なパン屋だ。

「わたしは、カップケーキの形した[おいもソフト]、佐々木さんは、棒状の[クリームレーズン]でいいでしょ?」

「ええよ」佐々木は、軽く答えながらコーヒーメーカーに三人分のコーヒーと水をセットしている。

「ヒカルちゃん、いつも悪いね」浅見は、ニコニコ笑っている。実は、浅見は、ここのブラウニーが大好きで、事務所の冷蔵庫に、いつも何個か貯蔵しているのだ。

「いいの、いいの、どうせお代は社長からいただくから」

「そ、そうだよね」浅見は、苦笑している。

ジェムクラフトの事務所のスタートは、9時で、併設するサロンのオープンは、10時だ。サロンのオープンまで、サロンの掃除があるが、三人でやれば30分ほどで終わる。

三人は、事務所のテーブルで、美味しいパンとコーヒーでしばしゆったりとした時間を楽しんでいる。

続く。

| | コメント (0)

宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-4)

1365942717459.jpg
無蛍光紙でできている「ダイヤモンド・カラー・グレーダー」


今、ヒカルがアソートしているのは、バンコク・メレだ。メレ・ダイヤモンドの約90%は、インドメレといわれている。メレサイズの形のいい原石は、バンコクのカッティング業者に供給されている。メレサイズの形のいい原石は少なく、そのほとんどがインドでカットされている。

メレ・ダイヤモンドの原石の良し悪しは、フルカット(ラウンドブリリアントカット)にした場合のメイク(カット)の良し悪しに直結する。

さて、専門的なお話し、これくらいにしよう。

ヒカルの数え終えたロットは、社長の浅見が甲斐貿易から仕入れたもので、すでに浅見が品質をチェックしたものだ。ダブルチェックのため、ヒカルが品質の再チェックをしている。

ヒカルは、次のロットを取り出した。次は、そう簡単にはいかない。インド・メレのロットだ。

ヒカルは、そのメレをソーティングパットにあけ、スコップで適量をすくい、紙でできた「ダイヤモンド・カラー・グレーダー」の溝にざらっと注いだ。

ダイヤモンドのカラーグレードや色石の色調を判断する「デイライト」の光のもとにそれをかざした。

ダイヤモンドのカラーグレードが落ちるものをピックアップするためだ。

続く。

| | コメント (0)

夕陽に降り立つ飛行機

1365931288137.jpg
夕陽が落ちる。

小型飛行機がいつものルートをなぞる。

夕陽はゆっくりと落ちていく。

飛行機はそこに吸いこまれていく。

茜色に染まる機体。

時間は静かに流れる。

やがて飛行機は見えなくなった。

| | コメント (0)

八重桜 服部遊歩道にて

1365812127121.jpg
今日の朝、冷たい空気が肌をさす。
4月なかばにしては、ひんやりしている。

今朝早く、大地が揺れた。
すわ、南海トラフ大地震か。

一瞬たじろぐ。

青い空。

八重桜が咲き誇る。

平和を願う。

| | コメント (0)

ふれあい緑地 「明日のための記憶」西中良太作

1365806872041.jpg


1365806886651.jpg

| | コメント (0)

気持ち新たに!

当ブログ「宝石月夜ばなし」、アクセス数55万を突破しました。2004年10月にスタートしたブログ。来年には、とうとう10年になります。

エントリー数は、1800を超えたところ。当初の目標2000エントリー達成も見えてきました。

個人事務所「ジェム・プラネット」の活動の一環として始めたブログ。「宝石、ジュエリー」ネタを中心に展開してきましたが、今は少し方向性を変えてきています。

せっかく地元大阪、豊中に舞い戻ってきましたので、地域ネタも多くしています。それに、「宝生家の宝食なる日々」をスタート。

昨年は、持病の高血圧症に加え、加齢黄斑変性が発症。どちらも、100%完治するとは思えませんが、それらとうまく折り合いをつけながら、これからもブログを続けていく所存です。

では、これからも当ブログをご愛顧ください。

| | コメント (0)

八重桜 〜武道館ひびき〜

豊中市立スポーツ施設「武道館ひびき」近くの八重桜が見ごろ。


1365771354222.jpg

| | コメント (0)

伊丹スカイパーク 2013 三景

1365751422699.jpg


1365751423647.jpg

1365751424409.jpg

| | コメント (0)

宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-3)〜

では、ここで簡単に「メレ」について解説。

メレとは、melee[melei] confused struggle,confused crowed of peaple (開拓社 現代英英辞典より)

日本語に直すと、大渋滞、大混雑。

ジュエリー業界では、「メレー」と伸ばして発音するのが一般。ここでは、「ジュエリー用語事典」(社団法人日本ジュエリー協会 発行)表記に準ずる。

大きさは、広義では、0.3ct未満。業者間では、0.10ct未満のダイヤモンドをメレ・ダイヤモンドと言っている。理由は、0.10ctサイズを「テンパー」といって区別しているためか?
ここでは、さらりと解説するにとどめる。

ちなみに、「ジュエリー用語事典」では、「通常0.1ct以下の小粒ダイヤモンド。ルビーやエメラルドなどにも、メレ・ルビーやメレ・エメラルドのように用いられる。0.1ct以上0.25ct以下の場合にも用いることがある」とある。

| | コメント (0)

宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-2)〜

1365396487334.jpg
ヒカルの使っているピンセットは、チタン製。軽いので、長時間作業が続いても疲れにくい。

そのピンセットに輪ゴムをぐるぐる巻きつけている。シーブでダイヤモンドをふるいにかけるとき、シーブ本体を軽くまわしながら、ピンセットでシーブの外側をたたく。その時、カンカンと金属音が響く。その音は、甲高く部屋に響く。

輪ゴムをピンセットに巻くことによって、それが緩衝材になり、甲高い音がいくらか緩和される。

それを教わったのは、父の仁だ。実はヒカルは、大学時代、御徒町にあった仁の事務所で、父の仕事を手伝っていたのだ。

ヒカルは、シーブでメレダイヤをアソートしたあと、石数を数えている。ピンセットの先でダイヤを3ピースずつ33回数え、それに1ピースを加え、100ピースの山をソーティングパットに何個も作っている。大量のメレを数えるには、この数え方。少なければ、3ピースプラス2ピースで5ピース、それを2回で10ピース数え、10ピースの小さな塊をソーティングパットの上に作っていく。

根気がいる作業だが、これが基本。

続く。

| | コメント (0)

サクラ散る遊歩道

今日、昼過ぎから天気が大きく崩れ、雷をともなった雨になるらしい。

朝から曇り空。
雨風を感じる。

サクラがすでに散り始めている。

遊歩道のサクラ花びらが風に舞っている。

くるくると上に舞いながら、、、。
ことし最後の舞い。

幕が下りるかもしれない。
1365202183297.jpg

| | コメント (0)

宝生家の宝食なる日々〜第2話 ヒカルとメレ・ダイヤモンド(2-1)〜

1365764120385.jpg
写真撮影及びデータ提供 (株)サノ・トレーディング

コンコンコン

だれもいない部屋から小気味いい音が響く。ヒカルは、メレ・ダイヤモンドをアソートするため事務所に早くから出勤している。

ヒカルは、メレ・ダイヤモンドをスコップですくい、円筒型のシーブの中に入れた。シーブの底には、小さな穴のあいた円盤型のプレートがセットされている。メレ・ダイヤモンドを篩にかけている。

コンコンコン。ヒカルは、シーブを軽く回しながらシーブの外側をピンセットで叩いて、篩を通り抜けて下に落ちるダイヤモンドがないか確認している。

「ヒカルちゃん、早いね」そこに、ジェムクラフトのオーナー社長、浅見透が部屋に入ってきた。

透がちらっと壁かけ時計を見た。まだ、8時10分だ。始業時間の9時まで50分もある。

「ヒカルちゃん、今日は、一段と早いね」新人のヒカルは、普段から始業前30分には出社している。

「だって、社長、メレ・ダイヤモンドをシーブでふるうときコンコンうるさいでしょ」

| | コメント (0)

公園管理

豊島公園は、豊中市の管理下にありますが、どうやら、公園美化は、住民の自主管理のようです。市役所に確認していませんが。

公園で、毎朝のようにゴミを拾っている人をみかけます。多分、ボランティアなんでしょう。

ただ、一歩公園を出ますと、このありさま。

どうにかしないといけない。

実家のまわりで、「ひとりポイ捨てタバコ撲滅運動」をしていて、幸運にも、自治会の方がそれを見たらしく、今では自治会の方が通勤路のゴミを定期的に拾ってくれています。

豊島公園でも、そうなってもらいたい。

今回もまず行動。今回は、学習効果があるので、早めに自治会に現状を報告するつもり。
1365108642493.jpg

1365108643501.jpg

| | コメント (0)

関学さくら道、さくらキャンパス

関学さくら道、さくらキャンパス
関学さくら道、さくらキャンパス
関学さくら道、さくらキャンパス
関学さくら道、さくらキャンパス
今日から、関西学院大学の入学式がスタート。延べ5550名の新入生が入学されるそうです。

社会に対して、たいした実績も貢献もないOBですが、スクールモットー「Mastery for Service(奉仕のための練達)」をともに実践しましょう。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »