« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

パン工場「honohono 」うまいもん市 in 万博に出展

パン工場「honohono 」うまいもん市 in 万博に出展
パン工場「honohono 」うまいもん市 in 万博に出展
豊中市曽根南町にある「パン工場 honohono 」さんは、豊中おやつ宣言店に参加しています。

さて、5月18・19日、ホテル阪急エキスポパークにて「うまいもん市 in 万博 2012」が開催されます。北大阪を中心に100店舗以上がこだわりの名品・逸品を出展します。パン工場honohono さんは、メロンパンを出品の予定。

いつも新鮮な驚きを提供してくれているベーカリーショップのhonohono さん。どんなメロンパンを出品するのか興味津々です。

| | コメント (0)

「神戸豚まん」孝

「神戸豚まん」孝
「神戸豚まん」孝
今日のお昼ごはんを何にするかと考えながら、神戸元町南京町をぶらぶら。神戸豚まん発祥のお店「老祥記」の前を通り過ぎようとしたとき、珍しく誰も並んでいないので、「久しぶりに老祥記で豚まん食べるか」という気分になり、店内に。

豚まんが蒸しあがるまでの間に、「そう言えば、老祥記の豚まん食べるの30年ぶりちゃう」など過去を思い出していました。

老舗「老祥記」の豚まん。一口サイズで、餡がさっぱりしていて焼売の餡のようです。どちらかというと、私好みではありません。帰りに買った「太平閣」の豚まんを神戸でよく食べていました。そうそう、神戸の豚まんといえば、「一貫楼」の豚まんも有名です。

でもやはり、豚まんといえば、私のなかでは、551蓬莱の豚まんが不動のナンバーワンなんです。

| | コメント (0)

Yoshitomo というブランド

Yoshitomo というブランド
誰が考案したのか、Yoshitomo のブランドロゴ。まったく、良くできてます。丸に「吉」。しかも「吉」が笑っている。

その吉本が今年100周年。こちら、大阪では、様々な企画が進行中。

私が子供のころ、阪神タイガースの勝ち負けより、昨日の吉本新喜劇の内容、ギャグについて知ってることが重要で、知らないと話題のなかに入れないで、悔しい気持ちになるものでした。

しかも、新喜劇の役者のギャグを忠実にマネることも必須?というように、子供のころからYoshitomo ブランドは、完全に「刷り込まれて」いるのです。

ですから、関西圏、特に大阪では、阪神タイガースとともに、その人気は絶大。
いま、100周年のカタログを見て、改めてそのブランド力の凄みを目の当たりにしています。

| | コメント (0)

仁醒特製「きのこうどん」

仁醒特製「きのこうどん」
亡き父の地元伊勢のうどんに、姉が嫁いだ地長野のきのこをトッピング。出汁は、ヒガシマルのうどんスープ。

完成しました「きのこうどん」。たまたま青ネギを切らしていたので、チョー地味な映像に。写真をアップするのをやめました。

| | コメント (0)

かに料理専門店「網元」

かに料理専門店「網元」
かに料理専門店「網元」
久しぶりに兄弟三人が集まったということで、母親主催で「網元」別館にて、かに三昧。

やっぱり、かには、焼きがにが一番。おすすめは、焼きがににかに味噌を少し付けて食べる方法。かにの風味と甘さを引き立てます。

お会計のとき、「おかぁちゃん、きょうは、ごっそさん(ごちそうさん)」兄弟三人で唱和。

| | コメント (0)

やしょうま

やしようま
みなさん、「やしょうま」をご存知ですか。

今日、長野県筑北村坂井に嫁いだ姉(長女)が大阪豊中の実家に遊びに帰ってきました。姉から郷土のおみやげをいただきました。

そのひとつが「やしょうま」。裏にその「やしょうま」について説明文がありました。

古来、各寺院ではお釈迦様の入滅をしのんで、毎年2月15日に行われる法要に餅菓子を供える習わしがあります。この餅菓子が「やしょうま」と呼ばれています。各家庭でも米の粉に色どりを加えさまざまな模様を作り、仏壇に供え祖先の供養をします。

++++

知らんかった〜。ひとつ賢くなりました。まんまんちゃん。

| | コメント (0)

セシウム134を検出するモルガナイト

アフリカでとれたモルガナイト原石を中性子線で処理、色調の特徴は、オレンジッシュピンク〜ブラウニッシュピンク。放射線検査で0.15マイクロベクレルの残留放射能を検出するが、それ以下のものも存在。
放射能の原因は、セシウム134。その半減期は、約2年。福島原発事故のセシウムは、137で、半減期は、約30年。福島原発事故由来の放射線ではありません。社団法人日本ジュエリー協会の「ジュエリー用語事典」によりますと、モルガナイトは「ピンク色、淡赤紫色のベリル。ローズ・ベリル、ボロビエナイトともいう。かつては、セシウム・ベリルと呼ばれた」(要約)とあります。

1999年4月初版「ジュエリーコーディネーター検定2級」教本には、「Mnに起因するピンク色のベリルのことをモルガナイトmorganiteと呼んでいるが、この名は、アメリカの銀行家J.P.Morgan にちなんでつけられたものである」と書いてあります。

すでに、社団法人日本ジュエリー協会は、会員に向け注意を促す通達を出しています。

あくまで個人的な意見ですが、これから、宝飾業界からのさらなる情報開示と適切な対応を期待するばかりです。

| | コメント (0)

はきだめにサクラ

はきだめにサクラ
ソメイヨシノは、散って終いましたが、シダレザクラは、まだまだ見頃。水面は、まるで「はぎだめ」のような汚水。華やかなサクラとは対称的。汚水から悪臭を放つような環境でもサクラは咲き誇ってくれる。

人間社会でも、くさりきった集団から目を転じると、清々しい人たちが見えることがあります。どうせ、お付き合いするなら、こちら側がいいですね。

| | コメント (1)

今朝の朝焼け

今朝の朝焼け
ちょいと寒いが、朝焼けはキレイ。

| | コメント (0)

今日の一花

今日の一花
今日の朝は、寒かった。昨日まで暖かかったので、よけいに寒さを感じてしまいます。それに、この雨。公園の桜がいよいよ散りそめてしまいそうです。

そのかわりに、チューリップとスミレの写真をアップしときます。

| | コメント (0)

仁醒の創作料理「京風お好み焼き」with ジュレぽん酢

仁醒の創作料理「京風お好み焼き」with ジュレぽん酢
京風?のお好み焼きを創作。お好み焼きの種にキャベツ3に対しみつば1を入れ、ロースハムをさいのめに刻み混ぜ合わせます。種の卵は多め。お好み焼きソースを塗らず、「のっけてジュレぽん酢」で。

さっぱりして後味さわやか。おためしアレ〜。

| | コメント (0)

猪名川、さくら、イオンモール

猪名川、さくら、イオンモール
猪名川沿いをイオンモールまでサイクリング。あいにくの曇り空。近くのパン工場「honohono 」さんで買ったサンドイッチでブランチ。

| | コメント (0)

「のっけてジュレ レモン&バジル」

「のっけてジュレ レモン&バジル」
新発売、ハウス食品「のっけてジュレ レモン&バジル」を購入。

先日買った「のっけてジュレ ぽん酢」がさっぱりして美味しかったので、洋風タイプのレモン&バジルを続けて買ってきました。

ジュレぽん酢を一口ヘレカツに、レモン&バジルはハムサラダを作ってからめてみました。お味は、上々。ただ、濃いめの味が好きな方には、頼りないかも。さっぱりした味付けが好みの方には、お薦め。

| | コメント (0)

キノコに桜

キノコに桜
早朝散歩、気持ち良い季節到来。あいにく、昨日の雨で、豊島公園の桜が散りはじめました。

| | コメント (0)

太陽の塔に桜 三景

太陽の塔に桜 三景
太陽の塔に桜 三景
太陽の塔に桜 三景
太陽の塔に桜三景をどうぞお楽しみ下さい。

| | コメント (0)

豊中一中裏門夜桜

豊中一中裏門夜桜
阪急曽根駅からの帰り道、必ず通る豊中一中の裏門。そこの桜がほぼ満開。

暗い夜道、華やいだ気分に。桜満開効果満喫。

| | コメント (0)

コーヒーも春うらら

コーヒーも春うらら
銀座カフェーパウリスタから、森のコーヒーとともに「春うららブレンド」コーヒーが届きました。

東京で桜が満開との便りが届いています。今日の朝、息が白くなるほど冷え込んでいます。なぜか、東京より西の大阪の桜はまだ満開となっていません。

来週あたりが桜の見ごろとなるでしょう。

| | コメント (0)

ジュエリーコーディネーター 2012 56号

ジュエリーコーディネーター 2012 56号
ジュエリーコーディネーター 2012 56号を拝見しました。

露木 宏氏連載「近世日本の宝飾文化史」3は、江戸時代前期 日本固有の装身具、髪飾りの誕生について。

今号には、ジュエリーコーディネーター1級、2級の過去問題が2ページにわたり紹介されています。難問にチャレンジしてみましょう。

ルーペの使い方・応用編 Part-2は、プロから学ぶ「作りの善し悪し」。製品検品について写真付きで解説。ジュエリーの善し悪しが分からないとジュエリーを販売できません。

この人に聞くのコーナーは、鉱物学、
宝石学の権威、東北大学名誉教授 理学博士 砂川一郎氏。貴重なお話しに耳を傾けましょう。

| | コメント (0)

今日の一花

今日の一花
豊島公園、花と緑の相談所前花壇。
春ですねえ。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »