« はきだめにサクラ | トップページ | やしょうま »

セシウム134を検出するモルガナイト

アフリカでとれたモルガナイト原石を中性子線で処理、色調の特徴は、オレンジッシュピンク〜ブラウニッシュピンク。放射線検査で0.15マイクロベクレルの残留放射能を検出するが、それ以下のものも存在。
放射能の原因は、セシウム134。その半減期は、約2年。福島原発事故のセシウムは、137で、半減期は、約30年。福島原発事故由来の放射線ではありません。社団法人日本ジュエリー協会の「ジュエリー用語事典」によりますと、モルガナイトは「ピンク色、淡赤紫色のベリル。ローズ・ベリル、ボロビエナイトともいう。かつては、セシウム・ベリルと呼ばれた」(要約)とあります。

1999年4月初版「ジュエリーコーディネーター検定2級」教本には、「Mnに起因するピンク色のベリルのことをモルガナイトmorganiteと呼んでいるが、この名は、アメリカの銀行家J.P.Morgan にちなんでつけられたものである」と書いてあります。

すでに、社団法人日本ジュエリー協会は、会員に向け注意を促す通達を出しています。

あくまで個人的な意見ですが、これから、宝飾業界からのさらなる情報開示と適切な対応を期待するばかりです。

|

« はきだめにサクラ | トップページ | やしょうま »

宝石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はきだめにサクラ | トップページ | やしょうま »