« 豊中まつり 2011 | トップページ | 服部天神宮 8月の標語 »

京都五山送り火に風評被害

毎年8月16日に行われる京都五山送り火。お盆の風物詩として代表的な行事です。

ただ今年は、悲しい出来事、騒ぎがありました。岩手県陸前高田市の高田松原の松の薪使用について騒ぎが勃発。その松で作った薪に犠牲者の遺族らがそれぞれの思いを書き込んで五山送り火でたくという計画にストップがかかりました。

放射能の灰が飛ぶなどという抗議の電話やメールが関係者に殺到。結果、その計画は中止。専門家は、木材内部の放射能汚染を否定。実際、検査しても放射能は検出されませんでした。

こんな馬鹿げた風評被害があっていいのでしょうか。

中止を決定した関係者、トップの見識を疑います。根拠もない抗議を打ち消し、実施する力量がなかったのでしよう。残念な出来事で、むしろ悲しくなります。

|

« 豊中まつり 2011 | トップページ | 服部天神宮 8月の標語 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豊中まつり 2011 | トップページ | 服部天神宮 8月の標語 »