« 「下町ロケット」読了 | トップページ | 秋の兆し »

「下町ロケット」その2

池井戸潤著「下町ロケット」は、第145回直木賞を受賞した話題の小説。取り引き先からの突然の受注停止、主要銀行からの追加融資不安、同業大手から特許侵害訴訟、社員の離反など苦難、難題を乗り越え最後はハッピーエンドに。小説だから、そうなるべきなんでしょうが、ほとんどが悲惨な末路をたどるはめに。現実は、厳しい。

|

« 「下町ロケット」読了 | トップページ | 秋の兆し »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「下町ロケット」読了 | トップページ | 秋の兆し »