« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

神戸 舞子から垂水へ

神戸 舞子から垂水へ
神戸 舞子から垂水へ
神戸 舞子から垂水へ
昨日は、大阪で猛暑日となるなど、6月の終わりにもはや真夏なみの暑さになりました。そうとは知らず、阪急三宮からJR に乗り継いで舞子まで足をのばし、明石海峡大橋から垂水のマリンピア神戸まで吹き出す汗をぬぐいながら歩いてきました。

マリンピア神戸に着くやいなや、「COLD STONE CREAMERY」で、クーリーズ バナナをオーダー。フローズンヨーグルトとアイスクリームで体をまずクールに。

買い物をすませたのち、「LOCHE」でマルゲリータランチをいただきました。ただ、スマホのバッテリーが切れ、こちらの写真はありません。残念〜。

| | コメント (0)

大一そば 服部店「わかめうどん」

大一そば 服部店「わかめうどん」
大一そば 服部店「わかめうどん」
学生時代から通っている阪急服部駅前にある「大一そば」。いつも注文するのは、この「わかめうどん」。出汁の香りにわかめがベストマッチ。わかめがたっぷり入って、300円。阪急十三駅構内の「阪急そば」のわかめうどんと双璧。

| | コメント (0)

京都上賀茂 渡辺製麺 つけ麺

京都上賀茂 渡辺製麺にて、つけ麺を食べてきました。魚介系スープが基本で、3種類のスープをチョイスできます。今回は、期間限定の塩味をオーダー。さっぱりしたスーブで、中高年の私の胃には優しく、後味はすっきり。美味しくいただきました。

| | コメント (0)

honohono 大人のメロンパン

honohono  大人のメロンパン
曽根南町のパン工房「honohono 」で、新作の「大人のメロンパン」を購入。ビターなチョコレートベースに甘さをひかえたザクザク生地がコーティング。

メロンパンは、カロリーが高く甘くて大人には、ちょっとという感じですが、honohono の「大人のメロンパン」なら大丈夫。

あなたは、大人?

| | コメント (0)

鳩が注意!?

鳩が注意!?
鳩が注意してます!?

ペットのワンちゃんのウンチは、そのままにしないで、持って帰りましょう。

| | コメント (2)

映画「シヨーシャンクの空に」

映画「シヨーシャンクの空に」
現実を見るとやるせない気持ちになることもあります。

今日は、朝から映画「シヨーシャンクの空に」を久しぶりに観賞。そんな気分。

| | コメント (0)

河島英五 Everlasting

河島英五 Everlasting
本日は、英五day 。

河島英五 フォトブック・エッセイ集+DVD「野風増」LIVE ´85

私は、後にも先にも、タレント、ミュージシャンで、ファンクラブに入ったのは、英五さんのみ。

いつ見ても、ええ笑顔。魂のこもったライブ。

| | コメント (2)

ようこそ、大阪へ。いらっしゃぁい。

ようこそ、大阪へ。いらっしゃぁい。
ようこそ、大阪へ。いらっしゃぁい。
ようこそ、大阪へ?

ここは、伊丹の大阪国際空港。今日、初めて蛍池にある図書館に行ってみれば、金曜日は、毎週休館日らしく閉まっていました。

それじゃぁ、と言うことで、阪急蛍池から徒歩で空港へ。

伊丹の空港を訪れるのは、実は、阪神淡路大震災以来。豊中の実家と連絡がつかなくなり、急遽、震災翌日飛行機で伊丹空港へ。バス待ちがまだらっこしいので、歩いて阪急蛍池に行ったことをおもいだします。

歩いて阪急蛍池にいく道すがら、倒壊した家屋や陥没した道路を見て、母や兄の無事を祈ったものです。

おかげさまで、二人とも怪我もなく無事で、家屋も倒壊はまぬがれました。

翌日か翌々日、阪急神戸線が動いているので、阪急三ノ宮へ。惨澹たる風景を目の当たりにして、愕然と立ち尽くしました。

テレビで見る東北の被災地は、津波の影響で、神戸より悲惨な状況でしょうね。
東京にいれば、おそらく、ボランティアとして、なんとか東北に向かっていたと思います。

仕事柄、連休がとれない現状で、できることはなにか考えています。

| | コメント (0)

今日の一花 豊中一中坂

今日の一花  豊中一中坂
通勤路の母校豊中一中の坂道。O B,OGのご尽力によって、季節ごと、路肩に花が植え付けられています。

仕事に出かける朝の気忙しさのなか、毎日ホッとする空間です。

| | コメント (0)

服部西町 焼きたてパン・手作りクッキー「麦工房らくだ」

服部西町 焼きたてパン・手作りクッキー「麦工房らくだ」
服部西町 焼きたてパン・手作りクッキー「麦工房らくだ」
早朝散歩で、気になるベーカリーショップを発見。豊中市服部西町、豊島体育館前にある、焼きたてパン・手作りクッキーのお店「麦工房らくだ」。

一軒家の一階が工房兼ショップになっています。お店に入るなり驚かされるのは、スタッフ全員の威勢のいい「いらっしゃいませ!」の声。まるで寿司屋のよう。

popにお店の人気度ランキングが書かれていましたので、人気ナンバーワンのカレーパン、それに、クリームパン、練乳パン、あわせてトーストを買って帰りました。カレーパンは、サクサクの生地の中からトロッとしたカレーが出てきて旨かったです。カレーは、関西風で少々甘口。

シンプルなトースト。お店によって、それぞれ特徴があって、食べ比べるとおもしろいもんです。

| | コメント (0)

早朝から大雨、それでも、、、

早朝から大雨、それでも、、、
朝5時。窓を開けると、外は大雨。今日の散歩は、中止?

いえいえ、この程度の雨では、止めませんよ。

| | コメント (0)

「行きつけ農村のあるくらし豊中駅前店」

「行きつけ農村のあるくらし豊中駅前店」
「行きつけ農村のあるくらし豊中駅前店」
今日、「行きつけ農村のあるくらし豊中駅前店」に行き、能勢で収穫された野菜を買いました。

ブロッコリーは、塩茹でにしてサラダに。玉ねぎとメークインをカレーの具材に。関西でカレーに入れる肉といえば、当然「牛」肉。今晩は、ビーフカレーを作って腹一杯食べました。

| | コメント (0)

曽根南町「パン工房honohono」

曽根南町「パン工房honohono」
最近、近所にオープンした「パン工房honohono 」。ベーカリーショップは、阪急曽根駅前の「ルフラン」を利用していましたが、ここんとこ、こちらでトーストや調理パンを買ってます。

野菜を生地に練り込んだパンが新鮮。

| | コメント (0)

カフェーパウリスタ 6月の月変わりコーヒー「ニカラグア」

カフェーパウリスタ 6月の月変わりコーヒー「ニカラグア」
カフェーパウリスタ 6月の月変わりコーヒー「ニカラグア」
カフェーパウリスタから6月の月変わりコーヒーが届きました。ニカラグアの海抜126m〜1400mに位置し、熱帯雨林保護区の中にある農園で栽培されたコーヒー。

ニカラグアってどこ?そこで、簡単にご紹介します。

正式国名は、ニカラグア共和国。ニカラグアは、太平洋岸とカリブ海岸を併せて計800kmを超える海岸線を有する中米で最も広い国。湖や火山に囲まれた太平洋低地、山がちな中央山岳地、広大な熱帯雨林を有するカリブ海低地の3つに分かれバラエティーに富んだ自然環境が魅力。また、グラナダやレオンなど歴史ある古都がある。

さて、ニカラグアのコーヒーは、酸味が少しあって、苦味が弱い爽やかな味わい。

| | コメント (0)

早朝アスレチック

早朝アスレチック
復活、早朝散歩。継続するには、やはり目的が必要。豊島公園に最近設置されたアスレチック器具。肩、腕、腰、足のストレッチをこれらを利用して毎朝やることに。

| | コメント (0)

TOKK 地産地消グルメ「メイド・イン阪急沿線」

TOKK  地産地消グルメ「メイド・イン阪急沿線」
ひとり暮らしの日々。誰に気を使うこともなく気楽に過ごせる反面、食生活はアンバランス。

野菜不足解消と思いつつなかなか難しいもの。阪急の各駅で無料配布の阪急沿線情報紙TOKK (トック)。6月1日号の特集は、「地産地消グルメ〜メイド・イン阪急沿線」。阪急豊中駅近くにある、「行きつけ農村のあるくらし豊中駅前店」では、丹波、能勢、茨木などから直送される15種類前後の野菜が並んでいるらしい。
会社帰りに立ち寄ってみますか。

| | コメント (0)

50円缶飲料自販機!!!

50円缶飲料自販機!!!
50円缶飲料自販機!!!
近くにある「業務スーパー」。朝の散歩でその敷地内に「50円缶飲料自販機」を発見。

100円缶飲料自販機はたまに見ることがあっても、50円自販機ははじめて。

それにしても安い。試しに買ってみた。

| | コメント (0)

早朝散歩再開、服部天神

早朝散歩再開、服部天神
早朝散歩再開。5時に起床。冬場は、外の暗さと寒さに気分が萎えて朝の散歩が中断。日々継続の難しさを痛感。

決意を新たにするため服部天神に。

ただし、本殿の入り口が閉まっていて入れず。開門は、7時らしい。

さい先悪〜。

| | コメント (0)

焼きドのCM の女の子

焼きドのCM の女の子
内閣不信任決議案が提出。与党民主党の混迷。被災地の復興、原発事故の終息がままならない現状でアホらしいやら、情けない政局を見せつけられています。

こういう時に、ほのぼのとした気分にしてくれるのが、ミスドの焼きドのCM 。

出演しているキュートな女の子は、誰なん?

名前は、剛力彩芽」(ごうりきあやめ)。本名だそうです。剛力さんて・・・。強烈な印象の名字やねぇ。

ブレイクしそうな予感なんで、要注目。
写真は、焼きドシュー。

| | コメント (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »