« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

ヨーグルト専門店「ミルクの旅」

ヨーグルト専門店「ミルクの旅」
昨日、映画鑑賞の後、ナビオ阪急の2階にありますヨーグルト専門店「ミルクの旅」に立ち寄りました。

ヨーグルト専門店だけに、ヨーグルトを使ったメニューが豊富で、どれをオーダーしようかと暫し悩みましたが、モンブラン風のマロンヨーグルトに決定。

ソフトクリームとマロンの甘味にヨーグルトのほのかな酸味がプラスされ、爽やかな風味が味わえました。

| | コメント (0)

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」観賞

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」観賞
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」観賞
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を観ました。

テーマは、コモンセンス(良識)でしょうか。平日朝9時45分上映なのに、映画館は、中高年を中心に館内は混雑していました。さすが、阪急梅田に近いTOHOシネマズ梅田。

観賞後は、爽やかな気分。やっぱり、地元、阪急沿線に戻ってきてよかったー!って感じ。

そうそう、母校関学のキャンパスが映画のポイントになっていました。

| | コメント (0)

休日の朝、ルフランで朝食

休日の朝、ルフランで朝食
今日は、休日。ちょっとリッチに阪急曽根駅前のルフランで朝食。

| | コメント (0)

夜明け前の豊島公園

夜明け前の豊島公園
夜明け前の豊島公園
今日、午前5時。豊島公園にて。まだまだ薄暗く夜明け前の公園。

しかし、春なので公園内の花たちはきれいに咲きほこっています。

| | コメント (0)

ジュエリーコーディネーター 2011 52号

ジュエリーコーディネーター 2011 52号
「ジュエリーコーディネーター 2011 52号」を拝見しました。

山口遼氏の連載「近世ジュエリー史12」は、「その他の欧州諸国とアメリカ」について言及しています。ベルギー、デンマーク、オーストリア、ロシア、アメリカ、ドイツの近世ジュエリーについて具体的に解説しています。

今号から掲載がスタートしました「JC実用講座」。初回は、「簡単なルーペとツイザーの使い方」。

宝石商として必要な素養として、プロとしての技術があります。宝石、ジュエリーについての知識、接客トークは、必要不可欠ではありますが、そこだけに偏重することは危険です。

今回の東日本大震災以降、嗜好品、贅沢品でありますジュエリー業界を取り巻く環境はさらに厳しくなるでしょう。震災後の社会、「災後」の日本は、「戦後」に匹敵するほどの転換期になるとも言われています。

ほんまもんの宝石店しか生き残れない時代。宝石商として何が必要なのか見つめなおすべきでしょう。

これから生き残れる宝石店のひとつの業態として、「スタンド割烹型宝石店」を提案しています。商品と知識、プロとしての技術、話術を駆使してお馴染みさんを中心に商売をしているスタンド割烹店。素材を熟知し、料理を創作し、お客様のリクエストにも応じることができるスタンド割烹店。宝石店でもその業態を参考に成功しているお店があります。

| | コメント (0)

映画「阪急電車」に関学大がロケ地協力

映画「阪急電車」に関学大がロケ地協力
先日送られてきました「母校通信」に、映画「阪急電車」のパンフレットが同封されていました。

4月23日より東宝系で関西先行ロードショーされます映画「阪急電車」のロケが西宮上ヶ原キャンパスで行われました。関学大は、登場する大学生カップルが通う大学としてお目見えする模様。

関学生だった当時、阪急宝塚線沿線に住んでいました私。宝塚回り今津線仁川駅で降りて大学に行くか、十三経由西宮北口回り甲東園駅から大学に行くか毎日悩んだものです。

映画「阪急電車」は、前評判がいいようなので劇場に行ってみますか。

| | コメント (0)

4月の月変わりコーヒー「春うらぶれんど」

4月の月変わりコーヒー「春うらぶれんど」
カフェーパウリスタから「森のコーヒー」とともに4月の月変わりコーヒー「春うららぶれんど」が届きました。

ここ大阪も桜の満開宣言が出まして、春本番。しかし、震災や原発の影響で、各地で晴れやかさの温度差があります。

ただ、沈み込んだり、不安が先行して自粛ムードが全国を包むこともよろしくありません。

ここは、「春うららぶれんど」をいただいてうららかで晴れやかな気持ちになりたいものです。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »