« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

来年の年賀状

来年の年賀状
商店街にクリスマスソングが流れ、フォトスタジオでは、来年の年賀状印刷の受け付けが始まりました。


本日、去年と同じお店に、来年の年賀状印刷を申し込みました。

| | コメント (0)

高雄山 紅葉三景

高雄山 紅葉三景
高雄山 紅葉三景
高雄山 紅葉三景
京都高雄山にて、携帯撮影しました紅葉三景をお届け。

| | コメント (0)

高雄山 神護寺にて

高雄山 神護寺にて
高雄山 神護寺にて
高雄山 神護寺にて
阪急嵐山駅からバスに乗り継ぎ、高雄山に。西山高雄から、階段を上り下りすること約20分。神護寺にようやく到着。


天候もよく、紅葉が映えました。

| | コメント (0)

ジュエリーコーディネーター 2010 50号(その2)

ジュエリーコーディネーター 2010 50号(その2)
10月、11月になり、会社の秋の様々な企画で大変忙しくしておりました。月末に風邪気味になり、風邪をなんとか抑えこみながら仕事をこなしてきました。


さて、社団法人日本ジュエリー協会認定、ジュエリーコーディネーター機関誌「ジュエリーコーディネーター 2010 50号」を拝見しました。


山口遼氏の連載「近世ジュエリー史」は、10回目。「エドワーディアンとベル・エポックの時代ー2」。


今号は、セミナーリポートと今後開催予定のセミナーの案内が充実しています。


「この人に聞く」は、JJA元会長・JC制度創設者の長堀守弘氏。


ジュエリー業界は、様々な問題と課題を抱えていると思います。こういう状況だからこそ、個人の実力、信用が試されるはずです。


セミナーに行って知識や刺激を得る、他の業界の繁盛店に行ってみるなど行動を起こしましょう。


自宅やお店にこもって、情報はネットに頼っていたのでは、問題を認識したり、アイデアを生み出す能力は養えないと思います。

| | コメント (0)

クリスマス モニュメント

クリスマス モニュメント
阪急曽根駅広場に出現、クリスマスモニュメント。


今年もクリスマスが近づいてきました。


葛西に住んでいるころ、舞浜イクスピアリのクリスマスツリーをこの時期よく眺めていました。


今となっては懐かしい思い出。


曽根駅のクリスマスモニュメントは、巨大なイクスピアリのクリスマスツリーと比べると迫力には劣りますが、現代アート風でおもしろいですね。

| | コメント (0)

冬の定番

冬の定番
冬になると、冷蔵庫に必ず常備しています、みかんとロッテのラミーチョコレート。


このふたつが冬の間食の定番。

| | コメント (0)

小春日和

小春日和
今日は、暖かい小春日和です。近畿でも紅葉のシーズンが到来。


仕事が休みなら、京都か箕面あたりに紅葉見物に行きたい気分です。


写真は、阪急宝塚線から見た車窓の風景です。学生時代は、車窓から家並みしか見えませんでしたが、今は高架になっていますので北摂の山々がきれいに見えます。

| | コメント (0)

冬空

冬空
日本の四季が崩れようとしています。夏が長くなり、春と秋が短くなってきています。


大阪北摂に冬空を見ました。つい半月前にまだ夏日が続いていたことがウソのようです。


秋はどこにいってしまったんやろ。

| | コメント (0)

ジュエリーコーディネーター誌 その1

ジュエリーコーディネーター誌 その1
ジュエリーコーディネーター機関誌最新号を拝見しました。

最近のジュエリー業界のトップニュースは、全宝協が事業を停止し破産を申請するという衝撃的なものです。

そこで、機関誌の内容については、次回にまわすことにします。


色石の研究と最新の処理についての鑑別に抜群の実績がある全宝協がもしなくなるとすれば、ますます色石の販売に及び腰になることは明らかです。


さらに、国際的にみても、日本の業界について極めてマイナスの印象を与えることになります。


今回のニュースについて述べるとすれば、余りに長くなってしまいます。


ただ思うことは、このことを契機としてジュエリー業界がまとまるかどうかです。まとまらないとすれば、ますます業界の信用はなくなり、販売は落ち込むことになります。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »