« 阪急服部駅前「珈琲館」にて | トップページ | 炭酸水、リポD、試飲会 »

梅田 茶屋町「麺や六三六」のつけめん

梅田 茶屋町「麺や六三六」のつけめん
梅田 茶屋町「麺や六三六」のつけめん
今週スタートする、東京での写真展。阪急服部駅前「内田フォトスタジオ」で引き伸ばしをお願いしていました写真を受け取り、梅田のヨドバシカメラでフォトフレームを購入。


その帰り、茶屋町あたりをぶらぶら。「麺や六三六」を見つけ、たまにはラーメンでも食べてみるか、と思い店内へ。


食券購入機の前でメニューをチェック。この暑さのなか、ラーメンで大汗をかくのもいただけないので、冷やし中華はないかと探していますと「つけめん」があるようなので、これに決定。


つけめんが出来上がるまで待っていますと、ほとんどのお客様がつけめんを注文しているようです。


しばし待っていますと、つけめんが目の前に。まず、驚いたのは、麺の太さ。細うどんぐらいの太さ。食べると硬めのうどんのようにもっちりしています。


つけめんのスープは、すごいとろみがあって、玉ねぎの甘さが味わえました。つけめんを東京で何度か食べましたが、スープは酸味がありました。甘味のあるつけめんスープは初めて。


うどんつゆ、寿司めし、おにぎりのりなど、関東と比較して甘味が少しあるのが、関西風。


つけめんスープにも甘味があるのも「関西ならでは」なんでしょうね。

|

« 阪急服部駅前「珈琲館」にて | トップページ | 炭酸水、リポD、試飲会 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪急服部駅前「珈琲館」にて | トップページ | 炭酸水、リポD、試飲会 »