« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

写真展の出展作品 その2

写真展の出展作品 その2
写真展の出展作品 その2
写真展の出展作品 その2
出展作品のご紹介、その2。

| | コメント (0)

写真展の出展作品 その1

写真展の出展作品 その1
写真展の出展作品 その1
写真展の出展作品 その1
写真展、出展作品のご紹介。


写真展にいけなかった友人、知人からのリクエストがあり、ネットでご紹介します。

| | コメント (0)

幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店 K.UNO

幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店 K.UNO
幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店 K.UNO
ケイ・ウノのお店の外観は非常に目を引きます。ちょっとおとぎ話に出てくるような不思議なエントランス。


「幸せのジュエリーを作る妖精が棲むお店。K.UNO。
お客様の想いをカタチにする、それがケイ・ウノ。
デザイナーが真っ白なキャンパスに1本の線を描くところからはじまり、コンシェルジュ、デザイナー、クラフトマンがお客様の気持ちと一緒になって作り上げたジュエリーは、まるで幸せの粉をかけて妖精が作ったよう・・・。
今日もひとりひとりの想いが、ひとつひとつカタチになって生まれていく・・・。」


黄色の表紙、BRIDAL COLLECTIONから引用した一文。


これからは、専門店の時代。それは、百貨店とても同じ。それぞれが独自の色を出していく。商品選定、商品企画によって専門店化へ。


個人の嗜好、スタイル、ファッションが決めてとなるジュエリー。画一的な商品が売れる時代は終焉し、ひとりひとりにマッチした商品提案が必要。


まさに、「百人百様」。


そういう時代に対応できる専門店が生き残れる、と思います。

| | コメント (0)

久しぶりに「Hanako」

久しぶりに「Hanako」
久しぶりに「Hanako」
本日早朝、阪急曽根駅近くの「ルフラン」でモーニングセットを堪能したあと、コンビニへ。


何気なく雑誌コーナーを眺めていますと、「京都案内」の文字が目に飛び込んできました。なんと、「Hanako」の特集が京都。秋の京都完全ガイド222軒。


以前、女性のトレンドを探るために、たまに「Hanako」を買っていた時期がありました。


久しぶりに買って読んでいますと、写真のクオリティが上がっていることを発見。

ただ、以前「Hanako」ブームのときの写真がどうだったかよく覚えていませんので、クオリティが上がっているというのは正確さを欠いていて、「クオリティが高い」と思う、というほうが正しいでしょう。


そんなことはさておいて、京都の名所、観光地、人気のお店が載っていて、見ているだけで楽しめます。

| | コメント (0)

京都 寛永堂「黒豆茶」

京都 寛永堂「黒豆茶」
暑さをほんのひととき忘れたい。そんなとき、冷たい飲み物がいい。


最近、仕事が終わってからビールテイスト飲料を愛飲していますが、普段は、麦茶を飲んでいます。


京都に行ったときに買い求めた、寛永堂の「黒豆茶」。ちょいとお高いので、大切に飲んでいましたが、家の在庫が底をつきかけています。黒豆茶は、香ばしい黒豆の薫りが味わえ、煮出したあとその黒豆をつまみとしていただけるので、まさしく二度美味しいのです。


まだまだ暑い日が続きそうなので、京都に行ったとき、買っといたほうがいいでしょうね。

| | コメント (3)

猛暑続く

猛暑続く
ここ大阪は、連日35度を越す猛暑が続きます。しかも湿気が多く、風が吹かないので不快指数がアップします。


仕事を終え、自宅のマンションに戻ってまずやることは、エアコンのスイッチを入れ部屋を急冷し、汗ばんだ体をシャワーで洗い流すこと。


朝早く散歩しても、汗がすぐ吹き出し、爽快感はまるでなし。ギラギラした太陽光を浴び、早々に部屋に戻っています。

| | コメント (0)

自分で轢いたレール

自分で轢いたレール
写真は、100年カレンダーに書き記した30歳から65歳までの人生計画。おおまかに10年ごとに目標と目標達成までにやるべき項目を掲げました。


目標達成まで早まった時期があり、何年も停滞した時期もありました。


自分で轢いたレール。自分で作った舞台で演じ切ってきたので悔いはありません。40歳前半は、本当に厳しい時期がありましたが、過ぎさってしまえば、いい経験になったと思えます。


50歳で地元大阪に戻る計画でしたが、3年ほど遅れてしまいました。


50歳に始めようとしていたことは、55歳になった今、「55(Go Go)スタートプラン」として再構築しました。


とにかく、「おもしろく」生きる工夫はしないとね。人生は、一度きりやから。

| | コメント (0)

五山送り火

五山送り火
明日16日は、京都「五山送り火」。


五山送り火がくると、もう夏は終わり。なんですが、そうはいかない模様。東京から帰ってきて、閉口するのは、大阪の蒸し暑さ。湿気が多く、不快指数が大幅アップ。


早くこの蒸し暑さとおさらばしたいものです。

| | コメント (0)

京都 町屋作り喫茶店

京都 町屋作り喫茶店
このブログ「京都祇園界隈にて」でご紹介しました、京都高台寺近くの喫茶店の前で撮った写真です。

読者のお一人から、行ってみたいので場所を教えて下さいとコメントをいただきました。


携帯で撮った写真がありました。喫茶店のある町屋作りの長家前で撮影しました。


喫茶店の名前は、確か「ラベンダー」。もし、間違えていたら、ごめんなさい。


高台寺から二年坂を抜ける裏道にあります。


是非、行ってみて下さい。

| | コメント (0)

アプト・ギャラリー 夏期休館日

写真二人展を開催しています、アプト・ギャラリーの夏期休館日をお知らせします。


8月13日から18日まで、ギャラリーは夏期休館になります。


万が一、暇つぶしに行かれる方、ご注意下さい。


場所 東京都江戸川区清新町1-3-6 葛西グリーンタウン(パトリア内)

電話 03‐5658‐4300

| | コメント (0)

葛西夕景

葛西夕景
過去の写真を整理していますと、いろいろな思い出とそのときの情景が浮かびます。


葛西臨海公園には、よくサイクリングに行き、写真も多く撮っていました。


特に、夕景は美しく、静かに時が流れていました。

| | コメント (0)

人生五訓 京都嵯峨 小倉山 二尊院

人生五訓 京都嵯峨 小倉山 二尊院
京都嵯峨 二尊院で三枚セットで買った人生五訓、幸福の道、心の糧七ヶ條。


そのなかで、短い言葉なんですが、日頃できてないのが、「人生五訓」。


あせるな
おこるな
いばるな
くさるな
おこたるな

| | コメント (0)

豊中まつりのあと

豊中まつりのあと
豊中まつりのあと
8月8日、9日は、地元豊中の「豊中まつり 2010」。


残念ながら、開催時間帯は、仕事中。


写真は、8日早朝の会場とその日の夜、お祭りがハネて、阪急曽根駅に向かって帰宅の途につく皆さん。


祭りといえば、拓郎の「祭りのあとの寂しさは♪」という歌のフレーズを思い出します。


花火大会、夏祭りが真っ盛り。


皆さん!是非とも夏の思い出作りにいろんなイベントに参加して下さいね~。

| | コメント (0)

久しぶりの東京

久しぶりの東京
久しぶりの東京
8時に新大阪から新幹線のぞみに乗ると、10時半には東京に到着します。


東京駅から山手線に乗り継ぎ、都内某所の宝石店へ。卸会社のぺーぺーセールスマンとして担当となり、公私ともにお世話になり続けた社長ご夫婦にごあいさつと近況報告をするために訪問。社長ご夫婦とは商売より芸術論に花が咲き、食事をしたり、テニス、ゴルフを共にする間柄になりました。


第二回写真二人展開催の話しや地元大阪での暮らし向きなどを話すうち、あっという間に、2時間が過ぎ、ギャラリーの設営があるのでお店をおいとまし、一路西葛西へ。


それにしても、東西は人が多いですね。山手線のある区間では、社内はぎゅうぎゅう詰め。平日の昼間ですよ。大阪梅田も人が多いのですが、東京ほどではないでしょう。山手線の主要駅は、全て梅田、難波なみ。


さて、東西線西葛西に到着し、設営前の腹ごしらえに軽く食事をしようと、駅周辺をぶらぶら。


すると、イタリア料理シシリアの看板が目にとまりました。どうやら六本木シシリアの支店らしい。懐かしさのあまり、思わず入店。シシリアだから、やっぱり注文するのは、ピザでしょう。特徴的な四角のピザ。


写真は、チキンピザにアイスコーヒー。ピザのベースがバリッとしてチーズがしつこくないのは、六本木シシリアと同じ。


設営が早く終わり、西葛西駅近くにあります、かつての行きつけのお店「きん家」で友人と待ち合わせの時間まで2時間ほど、暇つぶしに、1パチで遊んでました。


「きん家」で、鉄板焼きをたらふく食べて、JR舞浜へ。


東京ディズニーランドをしり目に10時発の夜行バスに乗るため、バス駐車場に直行。


あわただしい東京の1日でした。

| | コメント (0)

写真展、設営完了

写真展、設営完了
写真展の設営を終えました。


場所は、東京メトロ東西線西葛西駅から歩いて5分ほどにある 葛西グリーンタウン(パトリア内)の(株)アプト・コーポレーションのフリーギャラリー。葛西グリーンタウンは、江戸川球場の南隣にあります。


展示は、6日から22日までです。


詳しくは、後日。

| | コメント (0)

炭酸水、リポD、試飲会

炭酸水、リポD、試飲会
炭酸水、リポD、試飲会
梅田で、試飲会に遭遇。最初は、阪急梅田駅コンコース。ドイツ生まれの天然炭酸水「ゲロルシュタイナー」。ヨーロッパのレストランでミネラルウォーターをオーダーしますと、炭酸ガス入りかガスなしか、よく聞かれます。ヨーロッパでは、炭酸水はポプュラーなんでしょうか。

とりあえず、暑いし、タダなら並んで試飲してみましょう。飲んでみての感想は、ヨーロッパで試しに飲んだ炭酸水とおなじ味がしました。というよりは、味はしないのです。無色透明の炭酸水といえば、「三ツ矢サイダー」。こちらを飲みつけていますので、味のしない炭酸水は、ちょっと、、、という感じ。


梅田、二回目の試飲会は、ヨドバシカメラ前。こちらは、おなじみの「リポビタンD」。試飲の前に、キャンペーンのお姉さんが、「私が、ファイト~と言ったら、いっば~つ、とお願いします」と笑顔で説明。


タダでもらえるなら、いっぱ~つ、どころか、には~つ、でも、さんぱ~つ、でも叫びまっせ~、というようになオヤジ連中と一緒に、「いっぱ~つ」と叫んで、リポDを一本もらい、グビグビ飲みました。


こちらは、説明は、入りませんよね。

| | コメント (0)

梅田 茶屋町「麺や六三六」のつけめん

梅田 茶屋町「麺や六三六」のつけめん
梅田 茶屋町「麺や六三六」のつけめん
今週スタートする、東京での写真展。阪急服部駅前「内田フォトスタジオ」で引き伸ばしをお願いしていました写真を受け取り、梅田のヨドバシカメラでフォトフレームを購入。


その帰り、茶屋町あたりをぶらぶら。「麺や六三六」を見つけ、たまにはラーメンでも食べてみるか、と思い店内へ。


食券購入機の前でメニューをチェック。この暑さのなか、ラーメンで大汗をかくのもいただけないので、冷やし中華はないかと探していますと「つけめん」があるようなので、これに決定。


つけめんが出来上がるまで待っていますと、ほとんどのお客様がつけめんを注文しているようです。


しばし待っていますと、つけめんが目の前に。まず、驚いたのは、麺の太さ。細うどんぐらいの太さ。食べると硬めのうどんのようにもっちりしています。


つけめんのスープは、すごいとろみがあって、玉ねぎの甘さが味わえました。つけめんを東京で何度か食べましたが、スープは酸味がありました。甘味のあるつけめんスープは初めて。


うどんつゆ、寿司めし、おにぎりのりなど、関東と比較して甘味が少しあるのが、関西風。


つけめんスープにも甘味があるのも「関西ならでは」なんでしょうね。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »