« ワールドカップ観戦前、阪急豊中駅で | トップページ | 京都祇園界隈にて »

駒野のPKとウィンブルドン・テニス

駒野のPKとウィンブルドン・テニス
ワールドカップ、日本チームはベスト16で敗退。その後、何度も見る駒野のPK。


あれは、技術があったればこそ起きた失敗。キッカーとゴールキーパーと1対1の勝負となるPK。相手との駆け引きとコースの読み合い。


あの駒野のPKの場面。完全に相手キーパーにコースを読まれていましたね。駒野は、あのときゴール左下を狙ったのか、ゴール左上を狙っていたのか知る由もないのです。ただ、一瞬驚いたか、動揺したのは確か。左下隅を狙っていたなら、咄嗟に左上にコースを変えたはず。左上を狙っていたなら、よりキワドイコースに狙いを定めたでしょう。


一流プレーヤーであれば、プレー中の視野が広くボールを蹴る瞬間も周りの状況がよく見えているはずです。


一流プレーヤーであるほどフェイントに引っかかり易いのではないでしょうか。


今年のウィンブルドン テニスは、サッカー ワールドカップと重なってイマイチ話題になりませんでした。シングルの試合、ダブルスの試合で相手との駆け引き、読み合いが面白いのです。


サッカーを観た後、ウィンブルドンを観ていたのですが、さすがに眠くてテレビを付けたまま、ベッドで寝てしまったことが何度かありました。まぁ、今回は日本イレブンの活躍があってワールドカップに熱中してしまったのは致し方ないと思います。

|

« ワールドカップ観戦前、阪急豊中駅で | トップページ | 京都祇園界隈にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワールドカップ観戦前、阪急豊中駅で | トップページ | 京都祇園界隈にて »