« 無縁社会ニッポンと婚約指輪 その1 | トップページ | 阪急電鉄、開業100周年 »

仁醒(一枚の絵) 河島英五 作詞・作曲

勝手に使わせてもらっているハンドルネーム「仁醒」。河島ファミリーから、クレーム、苦情の類いは今までにありません。といって、自己申告しているわけではないのですが・・・。

ということで、英五さんの楽曲を改めてご紹介しておきます。
  
You Tube より


+++++

仁醒(一枚の絵) 河島英五 作詞・作曲

ここに一枚の描きかけの絵がある
部屋の真中には テーブルがあって
壁ぎわには テレビが置かれている
今日という日付けの新聞と
窓の外を流れる雲の形さえ
昨日のままで いいかもしれない
家族に囲まれて てれている
自分自身を描きこめば
仕上がりだ
誰れもが そんな風に
一枚の絵を大切に抱きしめて
人生が 旅だということも
いつしか忘れて生きて行く
私は絵の中から 抜けだして
旅に出ました
今 私の前にいるのは
くわを持つ農夫の姿
彼は風と雲と朝陽と土と語らい
夕陽と別れを告げる 大地に汗を残して
ここでこうして すわっていると
生きるとは 働くことなんだと
わからなくなってしまっていた
誰のために 働いているのか

余りにも世の中が
複雑になってしまったから
コーヒーカップに角砂糖を
昨日と同じように
かきまぜてくれる 君がいて
日付を 変えれば 明日になる
そんな一枚の絵がある
家族に囲まれて てれている
自分自身を描きこめば
仕上がりだ
誰れもが そんな風に
一枚の絵を大切に抱きしめて
人生が 旅だということも
いつしか忘れて生きて行く

誰れもが そんな風に
一枚の絵を大切に抱きしめて
人生が 誰れのものでもないことも
いつしか忘れて生きて行く

|

« 無縁社会ニッポンと婚約指輪 その1 | トップページ | 阪急電鉄、開業100周年 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無縁社会ニッポンと婚約指輪 その1 | トップページ | 阪急電鉄、開業100周年 »