« 阪急うめだ本店、新アクセサリーブランド「アストロファイタム」 | トップページ | 関学高等部、70年ぶり甲子園へ »

作家ジュエリーの時代

作家ジュエリーの時代
縮小傾向が続く日本の宝飾品業界。


ホテル催事に活路を求め、会場の目新しさを出すために、デザイナーブランドなどを配置し、業績をなんとか維持してきた日本のジュエリー業界。


しかし、近年、過度なローン販売が社会問題となり、さほど能力のない芸能人の自称ジュエリーデザイナー(なんちゃってデザイナー)に頼わざるをえない状況を業界は作り出してきました。


多店舗化にはしったジュエリーナショナルチェーンの商品は、均一化、陳腐化し、買取店化しつつある地域の宝飾品専門店は、大手の買取専門店との競争により埋没してしまいそうです。


閉塞感が漂う業界にあって、現状打破、ブレイクスルーできる業態のひとつに、「作家ジュエリー」があります。


写真の「In The Garden News Letter」を発行している有限会社ニックス・ファクトリーの中嶋邦夫氏のブランドは、これから大いに期待できる作家ジュエリーのひとつでしょう。


「作家ジュエリー」の課題は、限られた資本のなかで、ブランド価値を維持しつつ、効果的なPR活動を展開し、広報戦略を理解、推進できる人材が必要であることです。


作家ジュエリーだけに、作家はモノ作りに専念できる体制が絶対必要となるのです。


ホンダの創業者、本田宗一郎に、藤沢武夫がいたように。

|

« 阪急うめだ本店、新アクセサリーブランド「アストロファイタム」 | トップページ | 関学高等部、70年ぶり甲子園へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪急うめだ本店、新アクセサリーブランド「アストロファイタム」 | トップページ | 関学高等部、70年ぶり甲子園へ »