« “老舗は常に新しい”「丸山海苔店」に学ぶ | トップページ | ブランドの世界観アピール 長尺CM増加 »

ティファニーのロマンス物語

Tiffany01 

ボートの上でエンゲージリングを受け取る彼女

Tiffany02

ティファニーでマリッジを買ったあと、キスする二人

Tiffany03

教会でリングを交換する前に微笑む彼女

Tiffany04

式が終わって、橋のたもとで寄り添う二人

   ~上記の写真4点は、全てティファニーの「The Wedding Book」より ~

+++

 ティファニーの「The Wedding Book」は、モノクロの写真が何枚も挿入されています。上記の写真のタイトルは、私がそのシーンに合わせて勝手に付けたもの。

 「The Wedding Book」は、ただ商品を紹介するだけのカタログではありません。創業以来のコンセプト、創業者チャールズ・ルイス・ティファニーの人となりから始まり、ブックレットそのものが「ロマンス」のストーリーを想像させる形式になっています。

 ブランドには、歴史的なストーリーがあるように、商品にもストーリーが必要です。逆にいうと、ストーリーのない商品は、ブランドにはなりにくいのではないでしょうか。特に、ジュエリーは工業製品のように革新的な技術がそうあるわけではありませんので、商品について語ることができる「夢物語」が必要だと思います。

|

« “老舗は常に新しい”「丸山海苔店」に学ぶ | トップページ | ブランドの世界観アピール 長尺CM増加 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “老舗は常に新しい”「丸山海苔店」に学ぶ | トップページ | ブランドの世界観アピール 長尺CM増加 »