« 「おかえり」絢香&上原ひろみ | トップページ | 甲府地域ブランド「Ku-fu(クーフー)」新作コレクション発表 »

旭化成の新技術「CO2からのポリカーボネート樹脂」

Asahikasei

 写真は、旭化成の新聞広告。南太平洋に浮かぶ国、ツバルの現況。温暖化の影響で沈みゆく国としてあまりにも有名になってしまいました。

 旭化成の製造法では、大気中に放出されていたCO2を、原料としてポリカーボネート樹脂製品内に取り込むことに成功。現在、台湾、韓国、ロシア、サウジアラビアで、実際の製造や工場の建設が行われています。

 ポリカーボネート樹脂は、優れた透明性と叩いても壊れない強さを持つプラスチックで、携帯電話や車のヘッドライトなど日常のあらゆる場面に使われています。

 ポリカーボネート樹脂製造プロセス技術

 この旭化成の新技術は、日本のエコ技術で世界に貢献するもののひとつだろうと思います。日本は、エコ先進国。まだまだ、伸びるのりしろは豊富にあるはずです。

|

« 「おかえり」絢香&上原ひろみ | トップページ | 甲府地域ブランド「Ku-fu(クーフー)」新作コレクション発表 »

エコ、LOHAS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「おかえり」絢香&上原ひろみ | トップページ | 甲府地域ブランド「Ku-fu(クーフー)」新作コレクション発表 »