« 「真珠100年委員会」企画、神戸でフォーラム開催 | トップページ | 総合商社のレアメタル争奪戦 »

田崎真珠所属「TASAKIペルーレFC」休部、来期なでしこリーグから退会

 田崎真珠所属女子サッカーチーム「TASAKIペルーレFC」は、10月10日のプレスリリースによりますと、今期限りで休部となり、来期から「日本女子サッカーリーグ」から退会すると発表。

 チームは、1976 年に創立した社団法人神戸FC のレディース部門が母体で、1989年に田崎真珠へチームを移管し、1993年田崎ペルーレFC に。2004 年にTASAKI ペルーレFC へと改称しました。主なチーム戦 績 は、なでしこリーグ 優勝1回、準優勝4回、全日本女子サッカー選手権大会 優勝4回、準優勝4回で、女子サッカーの名門チーム。

 先の北京オリンピックで、なでしこジャパンは、ベスト4に躍進し、TASAKIペルーレFCから、そのチームの中心選手を数人出しています。

 田崎真珠は、このブログで紹介しましたように、MBKパートナーズが資本投下し、経営陣の刷新を含めた大規模な経営及び事業の再生を図っている過程にあります。その影響をペルーレFCが受ける形になりました。大変残念なことです。

 所属選手は、引退するか、新しいチームに移籍するかの決断に迫られています。関西のどこかの会社がチームごと買い取るとかできなかったのでしょうか。オリンピックであれだけ活躍したにもかかわらず、企業に翻弄されてしまう選手がかわいそうです。

|

« 「真珠100年委員会」企画、神戸でフォーラム開催 | トップページ | 総合商社のレアメタル争奪戦 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「真珠100年委員会」企画、神戸でフォーラム開催 | トップページ | 総合商社のレアメタル争奪戦 »