« 「ソムリエ/ワインコーディネーター」に学ぶ | トップページ | ブランドの意味とこれからのブランドについて(1) »

京セラの新ブライダルブランド「First Intention」

Firstintention 写真は、日経プレスリリースより。

 京セラ株式会社は、10月より、新たなブライダルジュエリーブランド『First(ファースト) Intention(インテンション)』を全国展開します。

 独自の特殊カットダイヤモンドをあしらった「エンゲージリング」と独自開発の新素材“ファーストプラチナ”(プラチナの含有量を50.5%に抑えながらも、一般的なプラチナ素材と同等の硬度と風合いを実現する京セラ開発〔2008年4月〕の新素材「プラチナ505」)を使った「マリッジリング」をラインアップ。新しい価値観と普遍的な価値観の融合”というブランドコンセプトを、ダイヤの特殊カット、リングに使用する独自素材、そして高度な加工技術で表現した、新しいブライダルジュエリー。

 エンゲージリングのダイヤモンドは、光を当てて特殊なスコープで覗くと、上面からハート模様が浮かび上がってみえる、業界でもめずらしい独自の特殊カットを施したもの等を使用しています。

|

« 「ソムリエ/ワインコーディネーター」に学ぶ | トップページ | ブランドの意味とこれからのブランドについて(1) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ソムリエ/ワインコーディネーター」に学ぶ | トップページ | ブランドの意味とこれからのブランドについて(1) »