« 季刊ジェモジスト ニュース | トップページ | 宝石店がやるべきこと »

ベルーナ 呉服展示販売事業 6ヶ月の業務停止命令

 経済産業省は9日、東証1部上場のカタログ通販大手「ベルーナ」(埼玉県上尾市、安野清社長)に対し、特定商取引法違反(勧誘目的の不明示など)で6カ月の業務停止命令を出したと発表。

 以下、毎日jp(毎日新聞)の記事より。

 経産省によると、同社は呉服や宝飾品などを展示会で販売するため、カタログ通販の顧客宅を訪問。勧誘した時に販売の意図を告げなかっただけでなく、展示会場に来た客を数人の営業員で取り囲み、2~3時間にわたりしつこく商品を勧めて買わせていた。クーリングオフを主張されると、「京都の有名な先生の着物なので解約できない」などとうその説明もしていた。

+++

 認知症のひとにも販売していたケースがあったといいます。同社は、すでに今年4月以降、同事業から撤退しています。

 当ブログで、呉服の悪質商法「健勝苑」の問題 として取り上げていますが、こういった悪質販売の実態が次々と明らかになっています。

|

« 季刊ジェモジスト ニュース | トップページ | 宝石店がやるべきこと »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季刊ジェモジスト ニュース | トップページ | 宝石店がやるべきこと »