« フランスで、Ueda-cho(植田調)と呼ばれた植田正治氏の写真スタイル | トップページ | 月島もんじゃ「丸山」にて・・・ »

先進企業から学ぶ事業リスクマネジメント実践テキスト

Riskm1

 先日、20年来の友人N氏が推薦してくれました「先進企業から学ぶ事業リスクマネジメント実践テキスト―企業価値の向上を目指して―」を取り寄せて今読み進めているところです。発行は、財団法人経済産業調査会。編者は、経済産業省 経済産業政策局産業資金課。

 発行・編者を聞くと、そうとう難解な本で、ちょっと手を出しにくい解説書のように思われます。

 ところが、内容は平易で、しかも、リスク対応は具体的です。

 ERMは、Enterprise Risk Managemaennt の略。企業に内在するすべてのリスクを把握し、全社的な観点から合理的かつ最適な方法で管理して最適化することで、企業価値を高める活動。

 経営者や会社幹部であれば、企業価値を高める活動は、ステークホルダーに対して常に意識しなければならない懸案事項です。企業価値が高まれば、その会社が生み出す商品、サービスの価値も自然と上がろうというもの。特に、ジュエリー関連企業は、ERMに対する考え方が希薄です。零細企業の多いジュエリー業界においては、オーナー自身が一手にERMを担うことになります。

 リスクマネージメントとは、なんたるものか、改めて考えるみる、あるいは実践の手引き書として手元においてみる、そういった価値がありそうな本です。

|

« フランスで、Ueda-cho(植田調)と呼ばれた植田正治氏の写真スタイル | トップページ | 月島もんじゃ「丸山」にて・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランスで、Ueda-cho(植田調)と呼ばれた植田正治氏の写真スタイル | トップページ | 月島もんじゃ「丸山」にて・・・ »