« 08年、今年のテーマは「商品力」 | トップページ | 月島 もんじゃ「丸山」に学ぶ »

IJT経営セミナー ~㈱インタージェム 佐藤郁雄氏~を聞いて

 地方小売店のみならず、宝飾小売専門店において「いかに集客するか」というテーマは、永遠の課題です。株安、円高、サブプライムローンなど不安要因が覆う世の中、消費者の生活防衛はすすみ、「贅沢品」の買い控えはすすむことになります。

 宝石、ジュエリーは、「女性を美しくする必須アイテム」ではありますが、大型液晶テレビやエコカーなどのように生活必需品ではありませんし、嗜好品であり、贅沢品なので、不況時の販売は難しくなるのは明らかです。

Ijt08_01  Ijt08_02

 1月24日、東京ビックサイトで開催されました「IJT2008経営セミナー<地方小売店の成功例 地方都市でいかに集客するか?~仙台 インタージェムのこだわり~」を拝聴しました。

 非日常的な空間の演出

 売り込まない

 自社での展示会の開催(オリジナリティの追求)

 というテーマに沿って、インタージェム代表佐藤郁雄氏が過去やってこられた様々な事例をスライドに沿って詳しく紹介されました。

 私なりの解釈ではありますが、氏の活動は一貫して「口コミネットワーク」の構築ではないでしょうか。

 「一元さん商売」を目指すなら、膨大な広告宣伝費を投入してブランド構築が必要になります。銀座にあるティファニー、カルティエ、ブルガリなど海外ブランドショップはその最たるものでしょう。そういう資本豊かなブランド店と伍して戦うには、同じ土俵に立たないこと、同じ戦略を真似ないことです。

 零細企業がほとんどの宝飾小売店。安直にメーカー・卸が主催するホテル催事に参加することなく、「いかに集客するか」アイデアを絞り、実践することをお薦めします。

|

« 08年、今年のテーマは「商品力」 | トップページ | 月島 もんじゃ「丸山」に学ぶ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 08年、今年のテーマは「商品力」 | トップページ | 月島 もんじゃ「丸山」に学ぶ »