« 呉服の悪質商法「健勝苑」の問題 | トップページ | 特定商取引法:経産省が改正案 訪問販売の規制強化 »

「健勝苑」訴訟問題、詳細記事

 呉服販売「健勝苑」の訴訟問題について、詳細記事を見つけましたので、リンクしておきます。配信は、毎日新聞。

 着物販売 健勝苑など提訴 愛知、千葉、秋田の女性6人

 パートで月収約12万円の女性に、総額1500万円の着物を売り付ける販売サイド、そして、ローンを組ませる信販会社は、どういうつもりなのでしょうか。その女性は、会社の売り上げ至上主義、実績主義のまさに犠牲者です。女性は、1500万円のうち、既に約1100万円は支払い済みで、貯金も失ったようです。

 記事によると、宝飾品も健勝苑で買っていたようで、月30万円の返済のため、買値の5分の一で売っていたとか。

 「メイト」という仕組みにも問題があると思います。

 私も学生時代、「マルチ商法」会員の勧誘を断るのに、非常に怖い思いをしたことがあります。友人と幹部数人に囲まれ、会館の一室に数時間、軟禁に近い拘束を受けた経験があります。気の弱い人なら、根負けしたと思います。

 もう30年以上前のお話しですが、そのときのような軟禁状況ではないにしろ、いまだに同じような囲み販売・勧誘が行われているのですね。恐ろしや、恐ろしや。

|

« 呉服の悪質商法「健勝苑」の問題 | トップページ | 特定商取引法:経産省が改正案 訪問販売の規制強化 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 呉服の悪質商法「健勝苑」の問題 | トップページ | 特定商取引法:経産省が改正案 訪問販売の規制強化 »