« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »

米サブプライム問題で、タイの色石は打撃、金先物相場上昇

 FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げで、金相場の雰囲気が変わった模様。上昇が勢いづいたのは、9月下旬。

 中東情勢の緊張で、原油価格が高騰、将来のインフレ懸念を誘発。そのため、インフレでも価値が減りにくい金が見直されたようです。

 反対に、サブプライム(高金利型)住宅ローン問題の余波やバーツの上昇で、タイの宝飾産業が打撃を受けています。

 バーツは06年に14%近く上昇。今年もバーツ高は変わらず、輸出価格の引き上げにつながったからです。タイの地元紙、バンコク・ポスト(電子版)によりますと、同国の宝石・宝飾品貿易協会は、9月に宝石・宝飾品類の2007年輸出額見通しを当初の40億ドル(約4600億円)から前年と同程度の36億ドルに下方修正しています。

 米国市場への06年輸出額は、10億8000万ドルで輸出全体の約3割を占める規模。同国の最大の輸出先である米国市場がサブプライム問題の影響で縮小し、受注量が減少しているのが大きな痛手になっています。

 ただ、11月の発効が予定されている日タイの経済連携協定(EPF)によって、宝石・宝飾品にかけられていた関税が撤廃されますので、貿易拡大が期待されています。

| | コメント (0)

「有楽町マルイ」取材記、掲載遅れています

 GPC会員の皆様、申し訳ありません。会員専用サイトに日曜日に掲載すると予告しました、「有楽町マルイ取材記」の掲載が、遅れています。

 このところ、GPC会員の皆様からメールやお電話のご質問や業界仲間からの連絡、来月11月の出張の準備に追われています。

 申し訳ありませんが、今週末までお待ち下さい。

    GPC主宰者 仁醒

| | コメント (0)

悪質商法の事例、自衛と対策

 着物を中心とした悪質商法の事例、自衛と対策が毎日JPに掲載されています。

 http://mainichi.jp/life/fashion/news/20071025ddm013040192000c.html

 記事によると、悪質商法の手口として

 「次々販売」、「展示会商法」、「従業員商法」、「無料商法」の事例をそれぞれ解説しています。

 悪質商法にひっかからない一番の方法は、その「手口」をよく知ることです。事前に知っていると知らないでは、その場に及んだときの対応の仕方に大きな差がでます。

 私は、18、19(歳)で世間知らずの学生時代に、友人から誘いを受けたマルチ商法にひっかからなかったのは、家族みんなで、NHK・TV「マルチ商法報道特集」番組を数日前にたまたま観ていたからです。

 会場では、取り扱い商品がいかに優れているか、その商品を販売することでどんなに儲かるかなどの説明と集団催眠をかけるような演出が展開されました。まさに、TVで見たそのまま同じシーンが眼前で展開されたわけですから、「ははん、これがTVでやっていたマルチ商法か」と比較的冷静に見ていました。説明が終わり、別室に連れていかれ、幹部数人の「囲み勧誘」にも、「頑として断る」ことが出来ました。

 皆さんも上記のページをよくお読みいただき、悪質商法からの自衛、対策を図りましょう。

| | コメント (0)

「ジュエリーマーケティング」より「宝飾リテラシー」「宝石道」

 「宝石屋」が、創業者の二代目、三代目の時代になり、あるいは、会社が業績不振で銀行管理下となり、「銀行屋」が宝飾企業の経営ハンドルを握る時代。

 銀行屋は、資本と商品の効率運用ばかりを気にし、優秀な社員をリストラした挙句、不良在庫処分のための催事を連発することになり、二代目、三代目は、日経新聞を片手に付け刃の「マーケティング論」を振りかざし、机上の空論を語るばなりで、現場を知りません。

 その影響でどうなったか。ここ10年、日本宝飾業界が長く低迷を続ける現状を作り出してきたことは、火を見るより明らかです。

 会社のトップ・幹部たちが自分達には、「宝石商」の本分が欠落していたという認識がありませんでした。認識がないのですから、当然、反省もありません。

 このブログで提唱しました「宝飾リテラシー」。繰り返しになりますが、「宝飾リテラシー」は、私が勝手に作った造語。「宝飾品、宝石を正しく販売したり、購買する能力」のこと。

 宝飾業に携わる「業界人」の「宝飾リテラシー」低下がもたらした、様々な問題。

 これから、業界トップが目指すべきは、「脱ジュエリーマーケティング」であり、「宝石道」の探求である、と思います。

| | コメント (0)

小池栄子の結婚リングは、高級宝飾時計「オーデマ ピゲ」製

 小池栄子と坂田亘の結婚会見で一躍有名になったのが、「オーデマ ピゲ(AP)」の結婚リング。

 もともと宝飾時計を制作している有名時計ブランドがジュエリーを制作している例は多く、小池・坂田の結婚を機に“時計ブランドジュエリー”ブームが巻き起こるかもしれません。

 消費が多様化し、「ひとと同じものじゃ、ヤダ」という女性が増えてきていることは、確か。しかも、結婚が晩婚化。消費をかさね、「モノ」にこだわりを持った団塊ジュニアが適齢期?になれば、なおさらのこと、エンゲージ、結婚リングに既存のブランド・ジュエリーをチョイスしても、彼女、彼氏は満足しないでしょう。

 ご存知のように、ブライダル事業自体が多様化している時代です。

 また、女性からの「結納返し」に、婚約リングと同じブランドのメンズ・ウォッチを男性に贈ることで、新たなペアスタイルを楽しむことが出来ます。

 高級宝飾時計メーカーの婚約・結婚リングであれば、ジュエリーとしてのクオリティーの高さは、勿論、時計ブランド「ならでは」の独特のこだわりを堪能できます。高級宝飾時計メーカーの婚約・結婚リングは、新しいブライダルアイテムとして、これからますます注目を集めそうです。

| | コメント (0)

「恋するジュエリ スターが愛した宝石たち」 岩田裕子著

Koisuru

 「恋するジュエリ スターが愛した宝石たち」 岩田裕子著 河出書房新社 が、ただ今各書店、オンライン書店にて発売中。

Koisuru_jewel

 朝一、八重洲ブックセンター葛西店で購入後、舞浜イクスピアリにあるいきつけの「カフェ」へ。何かと暗い話題の多い宝飾業界。こういう夢のある本が出版され、内心ほっとしています。

 帯には、「宝石のオーラを浴びると、物語が始まる

シネマのヒロインに、負けないほどドラマチック!!

銀幕のスターたちが教えてくれる あなたに似合う宝石の見つけかた」と。

 映画と宝石をこよなく愛する私にとって、ぞくぞくするほど興味をそそるコピーが踊っています。トップは、オードリーの「ティファニーで朝食を」。そして、マレーネ・ディートリッヒ、マリリン、グレース・ケリーと続きます。

 女性の方は、巻末の「ギリシャ神話の女神タイプが教える あなたの魅力を引き出すジュエリ あなたに似ている女神はだれ?」テストにチャレンジを・・・。あなたに似た女神と守護石がわかる仕組みに。(解説付き)

 お友だちと一緒にやれば、楽しみが倍増すること請け合いです。

 今日は、やるべき仕事が山積しています。しかし、こころの底から、悪魔の囁きが・・・。

 「そんなの関係ねぇ!! オッパッピー!!」

 とにかくこの本が気になって読まずにはいられないので、今日の仕事は、「恋するジュエリ」を読了してからということで・・・。

 「では、また、お会いしましょう。さよなら、さよなら、さよなら」???

| | コメント (2)

「ポンテヴェキオ」2007年クリスマスコレクション

 ジュエリーブランド「ポンテヴェキオ」は、11月1日(木)より「2007年クリスマスコレクション」をポンテヴェキオ全店にて発売します。

 「FANTASIA(ファンタジーア)」の2007年ニューラインアップは、ハートやフラワーなどのハッピーモチーフをルビーを中心に色とりどりのカラーサファイアやダイヤモンドでキュートにアレンジしたもの。

http://www.pontevecchio.jp/new-arrival/nuova-serie-2007/index.html

 イタリアのお菓子“バーチ ディ ダーマ”からイメージされたコレクションは、繊細な小花が重なった可憐なネックレスで、ホワイトダイヤとピンク、ブルーのカラーダイヤのコンビネーションがロマンティック。250本のクリスマス限定商品。

 イタリア語でFor Youを意味する「Per te」と彫られたネックレスは、ポケット部分に立体的なステッチを施すなどの工夫がされています。

| | コメント (0)

セイコージュエリー㈱、来年3月末で解散

 名門セイコージュエリー㈱が、来年3月末で宝飾業界から姿を消します。

 下記は、親会社セイコーホールディングス㈱のニュースリリース。

http://www.seiko.co.jp/resource/pdf/ir/2007/2007_1009_oshirase.pdf

 解散の理由は、長引く宝飾市場の低迷。リストラや商品の見直しをしてみたものの、成果があらわれず、解散する模様。

 あのセイコーさんが宝飾事業から撤退すると聞き、業界では少なからず衝撃を受け、業界の長引く不況の象徴としてこの発表をとらえています。

 誰も全然口にしませんが、デート商法や弱者に商品を売りつけるような「悪質な販売」が後をたたない宝飾業界から撤退することにより、「セイコーブランド」の保全が図れるというもうひとつの撤退の理由がそこにはあると私は踏んでいます。

 私も、セイコージュエリーさんと同様、10年前、1997年に宝飾品企画製造卸会社「Moon GLow」を何度もリストラをし、商品の見直しをしてみても、業績が回復せず、断腸の思いで会社を清算し、「脱御徒町」を断行しました。この先、業界の体質が何も変わらなければ、セイコーさんのように「脱業界」も選択肢のひとつかも知れないと思う今日この頃です。

 

| | コメント (0)

ミャンマーの宝石競売、ティファニー・カルティエは不買表明

 反勢力デモへの武力介入で国際的批判を浴びている「ミャンマー」。ミャンマーは、翡翠、良質なルビーの原産地として宝飾業界では有名で、それらは軍政にとっておおきな資金源となっています。

 今から、十数年前、業界の産業ツアーで「ミャンマー」まで視察に行ったことがあります。産業ツアーではつきもののツアーガイドが引率するミャンマーの代表的な史跡巡りにも参加しましたが、現地の食べ物が合わず、視察団のメンバーほとんどがお腹を下すという苦い思い出があります。私もそのひとりで、ミャンマーから戻ってから、1ヶ月ぐらい体調が優れませんでした。

 さて、ミャンマー政府は9日、宝石の競売を11月に実施すると発表しました。競売は今年に入って5回目で、毎回世界中からバイヤーが訪れ、売り上げは1億ドル(約120億円)に上ることもあるそうです。

 これまでミャンマー産の宝石販売を手控えているのはティファニーなど少数でしたが、米国業界団体のジュエラーズ・オブ・アメリカ(Jewelers of America)はこのほど、「宝石の買い付けによって人権侵害に加担することがあってはならない」として、米国議会に対し、ミャンマー産の宝石を全面禁止するよう訴えました。

 さらに、高級宝飾ブランドのカルティエも、ミャンマーで産出された可能性のある宝石の買い入れを当面中止したことを明らかにしています。

| | コメント (0)

「@nifty:旬の話題ブログ」で紹介されました

 10月24日、niftyさんの「@nifty:旬の話題ブログ」で当ブログ「宝石月夜ばなし」の記事が紹介されました。

 「ココログから旬の話題をピックアップ」

 http://www.nifty.com/navi/wadaiblog/backnumber/popup_0.htm?backnumber=200710242200

 「お値段なんと3000万円 超ゴージャスなカレンダー」

 当ブログが、「@nifty :旬の話題ブログ」でご紹介していただいたのは、これで二度目になります。

 掲載していただくごとに、アクセス数がジャンプアップします。今回の掲載は、約二ヶ月半のブランクのせいで落ち込んでいたアクセス数が一機に挽回できるいいキッカケになりました。

 niftyさんに感謝、感謝です。

 今後、niftyさんや読者の皆さんの期待を裏切らないよう、頑張って更新を続けます。

| | コメント (0)

「クレジット過剰与信問題」 

 「宝石月夜ばなし」の読者の皆さん。宝飾品や着物などの商品、家のリフォームなどの役務を次々と売りつける、次々販売が社会問題となっています。

 「過剰与信会議」サイトをご紹介します。

 http://www.kajoyoshin.net/top.html

 ページの一部、以下転載します。

++++

クレジット過剰与信対策全国会議とは

 クレジット過剰与信対策全国会議は、全国の弁護士・司法書士・消費生活センター関係者など、100名以上で構成される団体です。
 「クレジット過剰与信対策全国会議」では、クレジット会社の過剰与信やずさんな加盟店管理の実態を明らかにすることで、被害を救済するとともに、クレジットによる多重債務・経済的破綻などの発生を防止することを目指します。

| | コメント (0)

特定商取引法:経産省が改正案 訪問販売の規制強化

 特定商取引の法規制が検討中です。

 「特定商取引法:経産省が改正案 訪問販売の規制強化へ」毎日jp(毎日新聞)

 以下、引用。

『訪問販売で悪質業者が高齢者などを狙って不要な住宅リフォームなどを繰り返す「次々販売」の被害が絶えないため、産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)の特定商取引小委員会は19日、特定商取引法(特商法)の改正案に、必要量以上の商品やサービスが売りつけられた場合に不当な契約を取り消せるように定めるなど、訪問販売の規制を強化する方針で一致した。経産省は、来年の通常国会に特商法改正案を提出する考えだ』

| | コメント (0)

「健勝苑」訴訟問題、詳細記事

 呉服販売「健勝苑」の訴訟問題について、詳細記事を見つけましたので、リンクしておきます。配信は、毎日新聞。

 着物販売 健勝苑など提訴 愛知、千葉、秋田の女性6人

 パートで月収約12万円の女性に、総額1500万円の着物を売り付ける販売サイド、そして、ローンを組ませる信販会社は、どういうつもりなのでしょうか。その女性は、会社の売り上げ至上主義、実績主義のまさに犠牲者です。女性は、1500万円のうち、既に約1100万円は支払い済みで、貯金も失ったようです。

 記事によると、宝飾品も健勝苑で買っていたようで、月30万円の返済のため、買値の5分の一で売っていたとか。

 「メイト」という仕組みにも問題があると思います。

 私も学生時代、「マルチ商法」会員の勧誘を断るのに、非常に怖い思いをしたことがあります。友人と幹部数人に囲まれ、会館の一室に数時間、軟禁に近い拘束を受けた経験があります。気の弱い人なら、根負けしたと思います。

 もう30年以上前のお話しですが、そのときのような軟禁状況ではないにしろ、いまだに同じような囲み販売・勧誘が行われているのですね。恐ろしや、恐ろしや。

| | コメント (0)

呉服の悪質商法「健勝苑」の問題

 愛知県などの60-70代の女性6人が22日、呉服を強引に買わせてクレジット契約を結ばせたとして、呉服販売「健勝苑」(京都市)のグループ会社など3社と信販会社「クオーク」(東京都)など2社に、支払い済みの代金計約1800万円の返還と、未払い金約800万円の債務不存在確認を求める訴訟を名古屋、秋田、千葉の各地裁に起こしました。

 同業者の情報で、この会社は、宝飾品も販売していたと聞いています。公式サイトを見ると、取り扱い品目に確かに「ジュエリー」がありました。

 ジュエリーの催事で、数人の従業員でお客様を取り囲み(囲み販売)、クレジットを組ませて強引に販売することは、業界内で以前より問題になっていました。

 しかし、小売店が商品仕入れをしなくなり、売り上げを催事に頼っている今のメーカー・卸会社の現況を考えますと、そう簡単に催事販売をやめられるわけがありません。

 今回の呉服販売の訴訟問題が、宝飾品の悪質販売の問題に発展することは、ジュエリー業界は覚悟すべきです。

 京都で、認知症の女性に高額の宝石を売りつけていた問題は、6月23日、このブログで取り上げました。

 認知症女性に宝石を販売

 「白い恋人」「赤福」の問題で明らかなように、消費者からの信用、信頼は、一度崩れると歯止めがきかなくなります。こういう社会情勢下、宝飾業界は、もう「襟を正す」時期ではなく、「腹をくくる覚悟」で改革をする必要があります。

| | コメント (2)

行ってきました「有楽町マルイ」

Yurakucyo_0101  Itocia

 10月20日、朝から秋晴れだった土曜日の夜、話題の「有楽町マルイ」に行ってきました。大人の街、有楽町にできたマルイの新店舗ということで、当日、館内は人でごった返していました。

 私はその日、時間的な制約があり、しかも人ごみが嫌いなので、今回は、1階の「ファッション雑貨、レディースバック、化粧品、ジュエリー・アクセサリー」だけを見てきました。

 有楽町マルイのコンセプトは?

 それは、1階にある「店舗コンセプト紹介?コーナー」に行けばわかります。フーム、なるほどと思い、そのコーナーの写真を撮っていると、マルイの店員さんに「撮影許可をお取りですか?」と尋ねられ、「いや、別に」というと、やんわり撮影を制止されてしまいました。

 今考えると、その時「名刺」を出せばよかったかも。

 詳しいレポートは、今週末、GPC会員サイトで公開することにします。

| | コメント (0)

日本の宝石商は「絶滅危惧種」

 「絶滅危惧種」とは、Wikipediaの説明では、以下の通りです。

 「絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)とは絶滅の危機にある生物種のこと。

 生物のある種が絶滅すること自体は、地球の生命の歴史においては無数に起きてきた事象である。 しかし、人間の経済活動がかってないほど増大した現代では、人間活動が生物環境に与える影響は無視できないほど大きく、それによる種の絶滅も発生してきている。

 このような絶滅を防ぐためには、生物環境の保全や、場合によっては人の直接介入が必要とされることがある。

 また、保全活動の前提として、どの種が危機にあるのか、どの程度の危機なのか、また危機の原因はなにか、などを知る必要があり、生物種の絶滅危険程度のアセスメントが行われる」。

 主語をすべて「日本の宝石商」にすると、悲しいかな、まさに業界の現状を説明した文章になってしまいませんか?

 私が勝手に規定する、思考するところの「宝石商」は、「絶滅」の危機にあると言わざるをえません。日本は、少子化に歯止めがきかず、統計上このままいくと「日本民族」はこの世になくなるということを学者がTVで解説していました。

 同じように、ジュエリー業界で、本気で人材を育てることをせず、宝飾職人が次々廃業する状態が続くと、近い将来、日本の「宝石商」は絶滅するのではないかと危惧しています。

 業界では、宝石についての特性や、ウンチクについてものすごい詳しい人が増えてきました。ただ、そういうひとに限って、ルーペでまともにダイヤモンドをアソートできなかったり、色石の良し悪しや相場がわからなかったりします。

 そういうひとは、だたの「モノ知り」であって、宝石商ではないと思います。

 知識偏重の頭でっかちな人は、インターナショナルなジュエラー達に太刀打ちできません。彼らは、日々宝石とふれ合い、宝石を売ったり買ったりして、日々研鑽しています。

 私は、業界の二代目を多く知っていますが、長年海外のジュエラーの下で修行をして、その後社長になったのはひとりしか知りません。ほとんどの二代目、三代目は、学校を卒業後、すぐオヤジの会社に入ったり、2、3年だけ親の知り合いの会社に形だけの修行をして戻ってきている人がほとんどです。

 宝石の輸入商社や卸会社に入っても、バイヤーになれるのは、ほんの限られた一握りのひとだけです。しかも最近では、海外に買い付けにいくことが少なくなり、国内調達が増えています。

 ダイヤモンドは、ソーティングを鵜呑みにし、色石は製品買いでは、石に対する「眼力」はつきません。そういうエセ宝石商が非常に多くなっています。なんちゃってデザイナーも多いですね。

 これからは、絶滅危惧種を保護しつつ、「種の保全」を図らなければならないでしょう。

| | コメント (0)

秋の葛西臨海公園の夕日

 宝飾業界の厳しい話題の後、

 気分直しに、葛西臨海公園の美しい夕日をどうぞ。本日、最近買い換えたワンセグ携帯で撮影しました。

071021_16370001  071021_16480002

 

| | コメント (0)

濁水の回し飲み?業界

 「清濁併せ呑む」という言葉があります。辞書によりますと、「心が広く、善でも悪でも分け隔てなく受け入れる。度量の大きいことのたとえ」。経営者の心得としてよく引用される言葉です。

 清原発言で有名になった「泥水を飲む覚悟」。「泥水を飲む」とは一体どういうことなのか、私自身よく理解していません。ただ、経営者はそういう覚悟が必要と言われます。「泥水を飲む」とは、他の人の罪を自分がひっかぶらねばならないこともあるということでしょうか。

 いずれも言葉も上に立つ人間は、おおいなる度量が必要ということの例えです。

 しかし、濁った水ばかり飲んでいては体に変調をきたします。例えば、みんなで「濁った水」を宴会のときの清酒の回し飲みのように飲めば、どうなるでしょう。

 戦国武士の酒盛りや運動部の宴会などで清酒の回し飲みをして「一体感」を演出することがあります。一種「儀式化」していますが。

 私が感じるに、今の日本のジュエリー業界の不振の大きな原因は、グレーゾーンの商売、商品を暗黙のうちにみんなで許しあってきた結果だと思います。

 「清濁併せ呑む」ならいいのですが、「濁濁併せ呑む」ようなものです。汚れた水ばっかりお互い飲みあっているものですから、終いにはみんな体が腐ってきて、膿が出てきます。

 業界人のいう「過去の膿」とはこういうことでしょう。

 私の知る限り、経営が苦しくなっても、「汚れた水」を飲まず、必死に生き延びてきた業界の人間は少数派です。

 例え喉が渇ききっても、濁った水を飲むことなく、「一滴の清水」で喉を潤すような生き方をしたいものです。

| | コメント (0)

田中貴金属「ならでは」純金製3000万円カレンダー

 田中貴金属グループで宝飾品販売の田中貴金属ジュエリーが、18日、2008年版の「純金ビックカレンダーを販売すると発表しました。

 2008年純金ビッグカレンダー[源氏物語] 3,000万円を発売

 重さ約6キロの純金を使用し、価格はなんと3000万円。さすが、田中貴金属「ならでは」の商品です。

 公式サイトの説明によりますと、以下のような説明があります。今日は、銀座中心に市場調査に行きますので、お店に立ち寄って本物を見てこようと思っています。

『2008年は、「源氏物語」が誕生してちょうど1,000年を迎えるメモリアルイヤー。これを記念して、カレンダーの裏面に源氏物語より「若紫」の一場面を印刷しました。画像は、桃山時代の大和絵作家である土佐光吉作の「源氏物語絵色紙帖 若紫」(京都国立博物館収蔵)。光源氏が初めて若紫(のちの紫の上)に出会うシーンが、優雅に、そして華やかに描かれています。この画像を現代の印刷加工技術を駆使し、純金に印刷いたしました。』

| | コメント (3)

「らしさ」から「ならでは」

 春の「Gem-PLanet」の会員割引クイズの正解だった「らしさ」の追求。

 皆さんのご商売で、おおいに「らしさ」を発揮されていることと思います。商売、仕事ばかりではなく、個人の生き様においても「らしさ」は大切ですね。脱没個性!

 さて、「らしさ」の追求の後は、そのお店、メーカーの「ならでは」商品を開発し、販売していきましょう。

 10月16日から百貨店では、もう「おせち」の予約受付が始まったようです。「もう今年も終わりかよ!」とツッコミを入れたくなるような気ぜわしさです。

 三越では、日本料理の名門「吉兆」の特別三段(31万5000円)や京都「下鴨茶寮」の三段重(15万7500円)など三越限定を取り揃えています。伊勢丹は、「オンリー・アイ」という独自ブランドのおせちを用意。百貨店「ならでは」の特徴を発揮しています。

| | コメント (0)

「カクテルリング」(人工色石リング)ブーム到来か!?

Kakureru 写真は、フジサンケイビジネスアイより。

 10月17日、フジサンケイ ビジネス アイの記事によりますと、最近、大きめの人工石を使った「カクテルリング」が、20~30歳代の女性の間で静かに関心を集めているとか、、、。

 三越銀座店では、9月以降、「ケネス・ジェイ・レイン」「ノワール」など海外ブランドの「カクテルリング」を置いています。中心価格帯は、手ごろな1万円前後。

 ビジネスアイによりますと、今年の秋冬物女性衣料品の特徴は、コートやセーターで袖が短いめのものが多く、その分、手元を見せる機会が増えるので、大きめのカラーストーンリングに人気が出てきているとの分析です。

 ジュエリー業界にとっては、朗報ですね。本物志向の方に、おおぶりの半貴石リングをお薦めしましょう。

| | コメント (0)

お知らせ

 ブログ更新、再開します。

 8月1日より、新しい職場で新しい仕事を始めました。新しい仕事に集中することに専念していましたので、更新を中断しておりました。

 何事も最初が肝心ですので、、、。

 更新を楽しみにしてもらっていた皆さん、長い間、申し訳ありませんでした。

 中断は、言うなれば、体育会系運動部の「試験前練習休み」とご理解下さい。どっちも完璧にこなせるほど器用ではありませんので。

 では、また頑張って更新に励みますので、お楽しみに!

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »