« 文化を売る、銀座ブランドビル | トップページ | ダイヤモンドの輸入減少傾向続く »

Web サイトのトップページの重要性

 Webサイトのトップページの重要性が変化しています。

 yahoo、Google などの検索エンジンの発展、進化、そして、インターネットユーザーへの浸透度によって、ウェブサイトの見せ方にも変化が生じています。

 Flash などを使った動的イメージを駆使したトップページは、時代遅れになっています。いくらトップページにこだわっても、検索サイトからくるユーザーは、検索ワードに引っかかった個別のページ(URL)に最初からアクセスしてきます。

 「Gem-PLanet」「宝石月夜ばなし」 のアクセス統計によりますと、月ごとに多少の変化はありますが、最初にトップページを見る割合は、「20~25%」に過ぎません。

 ということは、サイトのコンテンツ内容の充実、話題性、更新頻度がますます重要になってきます。

 勿論、検索サイトの目的キーワードで上位にランクされるよう、サイトをCSSで構築したり、SEO対策をすることは重要なのですが、そういうテクニックさえやっていさえすれば安心というわけではないのです。

 SEOからSEM(サーチエンジンマーケティング)へ。

 そのためには、まずアクセス解析をして、現状を把握することです。

 そうすると、どれだけ多くのひとが、「1ページ」だけ見て立ち去っているか、滞在時間の短さを知り愕然としてしまいます。

 まず、そこからスタートすることです。

|

« 文化を売る、銀座ブランドビル | トップページ | ダイヤモンドの輸入減少傾向続く »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文化を売る、銀座ブランドビル | トップページ | ダイヤモンドの輸入減少傾向続く »