« 千の理屈より一つの実践 | トップページ | 諏訪恭一氏「大自然からの預かり物」(全6回)補完ホームページ »

ティファニーの「売り」

 22日、午前中、隣の駅、舞浜まで自転車でいき、イクスピアリにあるジュエリーショップの定点観察へ。

 日本のジュエリーショップ各店の「売り」(お店の推奨品)が見当たりません。今秋の旬な商品は、一体なんなのか?どこにあるのか、さっぱり分かりませんでした。横浜S.Jで、半貴石のそれらしきものがありましたが、残念ながらインパクトが感じられませんでした。

Tiffany_s1_1  さて、どこを見ても代わり映えしないので、早々に帰ろうかと思ったのですが、最後にティファニーに寄ってみることにしました。入口正面近くに、新しい契約デザイナーの商品がどーーんと並んでいました。秋らしいディスプレーとパンフレットとともに。

 ティファニーの今秋の「売り」がすぐ分かりました。すばらしいA4仕様のパンフだったのでもらってきました。(どうですか?男ごころをくすぐりますね)

Tiffany_s2 この調子でいくと、クリスマス商戦を制するのは、やはり・・・。

|

« 千の理屈より一つの実践 | トップページ | 諏訪恭一氏「大自然からの預かり物」(全6回)補完ホームページ »

宝石・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティファニーの「売り」:

« 千の理屈より一つの実践 | トップページ | 諏訪恭一氏「大自然からの預かり物」(全6回)補完ホームページ »