« JJA ホームページ リニューアルオープン | トップページ | ティファニーの「売り」 »

千の理屈より一つの実践

 私の経験から申しますと、理屈や批判ばかり口にする社長、店主ほど、発展しない、繁盛しない会社やお店になっています。

 会社、お店にずっといて、日経新聞をくまなく読んでも、商売はうまくいきません。ひとつの電話、ひとつの行動が変化をもたらします。

 繁盛しないジュエリー専門店のひとつの原因に、社長、店主がお店に「引きこもって」いることが挙げられます。特に、機械時計全盛時代、時計の修理で充分儲かっていたような職人肌の社長に多いようです。

 業界情報にも疎いですし、同業他社・他店の研究にも余り興味がないようです。そんなことで会社、お店が繁盛するでしょうか?

 お店は、基本的に「待ちの商売」ですが、お客様を吸引する「ショップパワー」が必要です。店主が引きこもり?でネクラでは、パワーは出ません。

|

« JJA ホームページ リニューアルオープン | トップページ | ティファニーの「売り」 »

宝石・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千の理屈より一つの実践:

« JJA ホームページ リニューアルオープン | トップページ | ティファニーの「売り」 »