« 宝石の輝きは、こころの輝き | トップページ | 安倍首相、所信表明とジュエリーマーケティング »

「ありがとうにダイヤモンドの輝きをそえて」

 日本のジュエリー業界の商品プロモーションには、いつも疑問を感じています。

 もともと、商品企画、商品プロモーションを仕事にしておりましたので、「自分ならこうするのに・・・」と思ってしまうのです。

 「言葉のちから」をもっと感じなければなりません。イメージ戦略だけでは、購買動機に対する具体性が欠けるのです。

 コマーシャルやプロモーションは、買うとき、身につけるとき、贈るときの情景が浮かばなければ意味がないのです。

 「ありがとうにダイヤモンドの輝きをそえて」

 このコピーがすばらしいかどうかは別として、ジュエリーのプロモーションに対し、もっとイメージがわく言葉を選ぶべきですね。

|

« 宝石の輝きは、こころの輝き | トップページ | 安倍首相、所信表明とジュエリーマーケティング »

宝石・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

宝飾業界は、もう始まっている団塊の世代の退職に向けて、業界が一丸となって、効果的な販売戦略を立てていない様な気がします。
個々の店舗が行う努力だけでは、限界があります。
この業界は、また、千才一隅のチャンスを逃すような気がします。

投稿: 矢野文久 | 2006/09/29 12:13

bunkyu さん、いつもコメントありがとうございます。

 ”ありがとう”の心をダイヤに添えて。

 こちらのコピーの方がすばらしいですね。

 

投稿: 仁醒 | 2006/09/29 00:39

「言葉では 表しきれない時もある」だから、”ありがとう”の心をダイヤに添えて。
こんなコピーも良いかも知れませんね。

投稿: 矢野文久 | 2006/09/29 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ありがとうにダイヤモンドの輝きをそえて」:

« 宝石の輝きは、こころの輝き | トップページ | 安倍首相、所信表明とジュエリーマーケティング »