« 「ブランドジュエリー 2006 AUTUMN」 | トップページ | ジュエリー業界と旅行業界 »

TDE7月昼食会~WFDB32回ダイヤモンド世界大会報告、ディカプリオ主演「The Blood Diamond」

Tde_0607  7月18日、上野オーラムビル地下1Fギャラリーにおいて、「TDE7月昼食会」が開催されました。講師は、TDE Delegate 福井副理事長とDTCジャパンの上野氏。

 テーマは、「第32回WFDB総会」報告と、来春公開予定のレオナルド・ディカプリオ主演の映画「The Blood Diamond」とコンフリクト・ダイヤモンドとキンバリー・プロセスについて。

 「第32回WFDB総会」については、業界寄りの情報ですので、ブログでは、割愛します。

 「The Blood Diamond」については、下記のブログに詳しく解説されていますので、ご覧になってください。

 タイトルは、「レオナルド・ディカプリオ記録庫」です。
 映画や関連リンクは、下記URLに詳しく載っています。

http://leoblog.blogzine.jp/top/cat4631799/index.html

 さて、コンフリクトダイヤモンドについてです。

 私の個人サイト「Gem-PLanet」に下記の記事があります。

 2003.01.17
「知っておきたい、コンフリクトダイアモンドとキンバリープロセス」

http://www.gem-planet.jp/new/news/conflict.html

 尚、関連記事については、「Gem-PLanet」トップページにサイト内検索の窓がありますので、「コンフリクト」や「キンバリープロセス」で検索してください。

 コンフリクトの問題は、数年前、NHK夜7時半からの番組「クローズアップ現代」で報道があったり、一部週刊誌などで取り上げられましたが、日本での他の多くのマスコミ、特に「ワイドショー」番組での扱いが低かったことなどが幸いし、大きな問題に発展しませんでした。

 しかし、今回は、レオ様主演ということなので、その手の番組での取り上げ方は、いままでとは問題にならないくら大きなウエートを占めるのではないかと考えています。

 過去、「OO7」シリーズで、北朝鮮が「コンフリクト・ダイヤモンド」で儲けた資金で、世界制覇を狙うと言う設定の映画が日本でも公開されましたが、マスコミの扱いは、「派手なアクション」であったり、「ボンドガール」であったりして、内容には全く触れませんでした。

 今回は、映画の邦題がどうなるのかわかりませんが、「コンフリクト」の問題は避けて通れないと思います。

 そういう意味で、いままで以上に、正確な知識、対応が必要になると思います。

|

« 「ブランドジュエリー 2006 AUTUMN」 | トップページ | ジュエリー業界と旅行業界 »

宝石・ジュエリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59222/11151305

この記事へのトラックバック一覧です: TDE7月昼食会~WFDB32回ダイヤモンド世界大会報告、ディカプリオ主演「The Blood Diamond」:

« 「ブランドジュエリー 2006 AUTUMN」 | トップページ | ジュエリー業界と旅行業界 »