« 天気晴朗、富士、but・・・ | トップページ | 問題が混在するジュエリー業界 »

料理人と宝石屋(ジュエラー)

 「ひと手間を惜しむな」これは、料理の基本。料理における愛情とは、「ひと手間を加えること」。

 日本のジュエリー業界の衰退のひとつに、「ひと手間を省く」ことが挙げられます。材料の選別、石合わせ、吹き仕上げ工程、仕上がり検品などジュエラーとしての基本的な仕事をおろそかにしている会社が増えていることは、本当に残念です。

 材料の選別や石合わせなどを留め職人に丸投げしているメーカーがありますが、これはジュエラーとして由々しき問題です。

 人材不足、会社が人を育ててこなかったことのツケが今まさにまわってきたと思います。

 まじめにコツコツとやってきた小さな会社や工房も多く残っていますが、業界全体として「かたくなにこだわりを持ったジュエラー」は減っているようです。

|

« 天気晴朗、富士、but・・・ | トップページ | 問題が混在するジュエリー業界 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理人と宝石屋(ジュエラー):

« 天気晴朗、富士、but・・・ | トップページ | 問題が混在するジュエリー業界 »