« 「国家の品格」を読んで | トップページ | NHK「プロフェッショナル」をみて »

大人(社会)のいたらなさ

 最近目立つ、大人による幼児虐待、殺害事件。

 精神的なはけ口を弱者を痛めつけることで解消しようとするその行為は、もうモラル欠如の問題ではすまされない。

 戦後の家庭内、学校の道徳教育は、よかったのだろうか。自分にとって都合の良い、自由主義や平等性は、社会との軋轢を生みます。

 グレーゾーンはセーフである。法治国家においては、法を犯していない限り、罪になりません。

 スポーツにおいても、ルールに則った行為は、正当です。例えば、プロ野球でかつてあった、1番から3番まで全てバントをさせ、投手をつぶそうとした行為。全ての打席ファーボールで敬遠させた高校野球。テニスのミックスダブルスで、全て弱い女性にボールを集めること。それらの行為は、ルール違反ではありません。

 勝てば官軍、儲けることが全て。いくら豊かな生活をしていようと、そういう人たちとは、一線を画したいと思います。

|

« 「国家の品格」を読んで | トップページ | NHK「プロフェッショナル」をみて »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人(社会)のいたらなさ:

« 「国家の品格」を読んで | トップページ | NHK「プロフェッショナル」をみて »