« JMM ソニーの苦闘について | トップページ | 孤高のブランド »

予見力、実行力

 昨日のWBSは、家電メーカーの「勝ち組、負け組の法則」の特集。

 めまぐるしい変化に対応するには、経営者の「予見」「予測」する能力やブレーンが必要です。そして、変化に対応するには、すばやい実行力が不可欠です。

 予見、予測による「仮説」には確証がありません。ですから、周りからの反対意見が多くなり、なかなか決断することができなくなり、逡巡し、実行力に差がでます。

 その差が勝ち組、負け組の基点になるのではないでしょうか。

 野球やテニスのように、相手投手や対戦相手のボールのコースを咄嗟に予測するようなすばやい判断は、経営に必要ないかも知れません。しかし、それに近い感覚は持っていた方がいいでしょう。

 時代の流れは、めっぽう速く、経営は、急流下りのボートを操作するようなものかも・・・。

 自戒の念を込めて。

|

« JMM ソニーの苦闘について | トップページ | 孤高のブランド »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予見力、実行力:

« JMM ソニーの苦闘について | トップページ | 孤高のブランド »