« ジュエリー TV CM | トップページ | 嗜好品と消費財 »

コンサル出身者が新風

 5月12日、日経に「コンサル出身者が新風」~業務用酒販や病院経営・・・慣行残る業界~が掲載されていました。

 コンサル出身者が実業の世界で失敗する例も多いなか、成功例を紹介しています。零細企業で成り立っている業界では、同族経営による世襲制や業界の古い慣行がはびこり、改革は難しいものです。

 ここで紹介されています業務用酒販や病院経営、廃棄物処理業界のみならず、ジュエリー業界も似たような体質があります。

 必要によっては、合掌連衡が必要になることもあるでしょう。その場合、必要な人材は、コンダクターではないかと思います。コンサル出身者が実業で成功するには、タクトを振る能力があるかないかでしょうか。

 数人で運営するジュエリー専門店の場合、レストランや料理屋の板場のように、全体を統率できるシェフや板長が必要です。

 少数精鋭には、名指揮官の存在が重要ですね。時代劇、戦争映画などの実例が散々あります。

|

« ジュエリー TV CM | トップページ | 嗜好品と消費財 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンサル出身者が新風:

« ジュエリー TV CM | トップページ | 嗜好品と消費財 »