« ジュエリービジネスは戦国か? | トップページ | 米ティファニー96%増益? »

花の東京に丸25年

 1980年2月9日、一念発起して、東京のジュエリー卸会社に就職。当時24歳。

 持ってきたのは、布団一式、司馬遼太郎の本数冊、河島英五のLP、テニスラケット2本でした。

 ものごころついてから24歳まで、あんなに「アンチ・東京」だったのに、25年も東京にいます。友人、後輩は、絶対、3年はもたない、いや、あいつのことだから、けんかして半年で帰ってきよる、と思われていたようです。いまでも、大阪の友人の間では、私がいまだに東京にいるのは「七不思議」のひとつらしい。

 いまでも本音でいえば、根っからの大阪人の私には、住みにくい街です。ここがもしニューヨークであっても、私にとっては、同じようなもので、異文化コミュニケーションです。

|

« ジュエリービジネスは戦国か? | トップページ | 米ティファニー96%増益? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59222/3150635

この記事へのトラックバック一覧です: 花の東京に丸25年:

« ジュエリービジネスは戦国か? | トップページ | 米ティファニー96%増益? »