« 神戸復興と日本のジュエリー業界 | トップページ | 緑のガーネット「ツァボライト」 »

番外編「IJT の楽しみ方」

CIMG0181CIMG0175CIMG0179
 IJTに来たなら、是非、帰りは水上バスをご利用下さい。少し風は冷たいのですが、船に乗り爽やかな気持ちで帰途につけるでしょう。

 少し早めに展示会での商談を切り上げて、パレットタウンの「ヴィーナスフォート」に立ち寄り、噴水でコインを投げ入れるなどをして楽しむこともいいでしょう。

 最近は、日の落ちるのが早いので、午後3時過ぎに船に乗りますと、海上で、あるいは、船つき場?ですばらしい夕日が拝めます。但し、晴天なら。

 ぎすぎすした商談であったのか、実りある仕入れが出来た、どちらにせよ、一服の清涼剤になりましょう。

|

« 神戸復興と日本のジュエリー業界 | トップページ | 緑のガーネット「ツァボライト」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編「IJT の楽しみ方」:

« 神戸復興と日本のジュエリー業界 | トップページ | 緑のガーネット「ツァボライト」 »