« 「知縁ネットワーク」の時代 | トップページ | 映画「エメラルド・カーボーイ」 »

IJT(国際宝飾展)出展者から取材者側に

 皆さん、こんばんは。「宝石月夜ばなし」の時間です。

 第16回国際宝飾展(IJT2005)は、昨日終了しました。今回のIJTでは、報道(プレス)として始めて参加することが出来ました。IJTには過去数回出展者としてかかわってきたわけですが、今回取材する側になり、新たな発見ができました。レセプション会場で「日本ジュエリーベストドレッサー賞」の晴れやかな受賞シーンを間近に撮影することができたり、本会場のブースで詳しく説明を聞けたりして、私にとってとても収穫の多かったIJTとなりました。

 神戸のIJKも是非、プレスとして行ってみたいと考えています。

 ところ変われば品変わる、立場変われば見方変わる?と言いましょうか、面白いものですね。ジュエリー業界の問題点もハッキリと認識できました。

 今後は、この成果を踏まえ、情報発信、ネットワーク作りに精進しようと考えています。

 昨日、「Gem-PLanet」本サイトと「宝石月夜ばなし」ブログとの合算で、1日のアクセス数が、「1500」を突破しました。皆さま、ご愛読、ありがとうございます。
 これからも、宜しくご贔屓にお願いします。

|

« 「知縁ネットワーク」の時代 | トップページ | 映画「エメラルド・カーボーイ」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IJT(国際宝飾展)出展者から取材者側に:

« 「知縁ネットワーク」の時代 | トップページ | 映画「エメラルド・カーボーイ」 »