« 放射線処理カラーダイヤモンド | トップページ | 「デビアス」ブランド »

GIA ダイヤモンド カラーグレーディング

 カラーダイヤモンドに対する人気は、年々高まってきています。例えば、1998年から2003年までの間にGIAに持ち込まれた天然カラーダイヤモンドに関する依頼は、65%も増えているようです。

 GIAでは、1995年「ジェム&ジェモロジー」で「GIAジェム・トレーディング・ラボラトリーにおけるカラー・ダイヤモンドのカラー・グレーディング」という論文を発表しています。

 カラーダイヤモンドを分類するグレードは、
フェイント
ベリー・ライト
ファンシー・ライト
ファンシー
ファンシー・ダーク
ファンシー・ディープ
ファンシー・インテンス
ファンシー・ヴィヴィット

 があります。

 縦軸は、明るさ、横軸が強さを示したマトリクスで色を判断します。

 詳しいシステムはさておき、カラーダイヤモンドの人気とともに、その基準をどうするかというひとつの答えであることは確かです。

|

« 放射線処理カラーダイヤモンド | トップページ | 「デビアス」ブランド »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GIA ダイヤモンド カラーグレーディング:

« 放射線処理カラーダイヤモンド | トップページ | 「デビアス」ブランド »